2007年05月16日

リアルからブログから

最近よくお聞きするのが「ブログとリアルの印象の違い」です。確かに実物が音を発して出す言葉と文字として表れる言葉では印象が違って当然でしょう。しかし、それ以上に面白い現象は「どちらから入るか」でまた印象が違うということです。

(1)ブログを介してだけ(2)ブログを介して実際にお会いした(3)実際にお会いしていてブログをあとから読み出した(4)仲はいいけどブログは読まない

大雑把に分けて4つの場合があります。当然(3)が多いのかなとも思いますがアクセス数を考えるとありがたいことに(1)もけっこうおられるのでしょう。

ここで(1)(4)はギャップは存在しないので簡略します。(1)は文字を介して様々なバリュークリエイト像、奥田圭太像を頭の中で作り上げておられることでしょう。それにとやかく言う余地はないのでいろんな像があると面白いと思います。よろしければ(1)の方にその像をお聞かせていただけると小躍りします。メール・コメント大歓迎!それに対して(4)はいろいろ直接聞けるので省略。

さて、(2)と(3)です。

(2)に関しては本当によく驚かれます。「社長」という肩書きが先行するのか、「文字」という客観的なものが先行するのか、ブログ読者時代は堅い、真面目、怖い、論理的などというどちらかというと「温度の低い」印象です。よく言うとクール!普通に言うと冷たい・・・です。そして会ってかなり驚かれます。イメージ変わりました!が感想の第一位です。

(3)に関しても本当によく驚かれます。どうも論理性よりもノリ(だけ?)を重視した行動パターンが多いからだと思いますが、好きに激しい私はどちらかというと感情型・情熱型に映るようです。「温度が高い・熱い」印象です。それが起承転結考えたような(ほとんど考えていませんが)文章になっているものを見ると論理性があることにホッとする人も少なくないようです。

イメージというものは本当に面白いものです。自分自身というものがおもちゃ箱から溢れるような感覚でいろいろなイメージを聞かせていただいています。「うわっ」と驚きもしますが、それもきっと自分の中にあるのだろうな、と他人からのイメージを聞くたびに思います。一面性から見たイメージも、両面から見たイメージも、それもまた私なのでしょう。なので・・・勝手にイメージしちゃってください。
posted by 奥田圭太 at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。