2007年05月07日

今日はたくさんの汗をかいて働きました。まさに肉体に汗して働くです。荷物をたくさん運ぶという肉体労働です。

私は額に汗をかかずに稼ぐ人を悪いなどとは決して思いません。その人たちは間違いなく体内(脳・頭の中)に必死に汗をかいているから稼げるのです。肉体的に汗をかいているのではなく、体内に必死の汗を溢れさせているのです。そうでなければ社会的価値である対価は手にできないはずです。

一方で肉体的に汗をかくというのも、これは対価を得る仕事としても人間の本能的営みとしても素晴らしいことだと思います。なによりも気持ちが違います。本能的充実感と爽快感があるのです。

今日は日ごろ運動しない私はたくさんの汗をかきました。日ごろ重たいものを持たない私は握力低下で手がプルプルしました。背筋と腰ががくがくしています。それでもとても楽しい一日でした。頭よりも体を動かす、無心の喜びがありました。仕事をしてリフレッシュするとはこういうものを言うのでしょう。

さて、明日がとても楽しみです。今日の結果が現れるのは実は明日のはずです。さあ来い筋肉痛!!
posted by 奥田圭太 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。