2007年05月31日

パルコプロデュース「コンフィダント・絆」

三谷幸喜作品としては普通の作品。小芝居集と考えれば非常にウェルメイドであるが、全体を通すと物足りない感じ。

三谷作品の魅力は登場人物全てが同等に大切に扱われる点が上げられると思います。しかし、今回はそれが逆効果だったと思います。確かに全てのキャラクターを丁寧に描いており、それを演じる役者さんたちもそれぞれの個性が重ならず非常に面白い。特に今日に限って言えば中井貴一さんの新たな魅力と生瀬さんのすごさが目を見張りました。ですが、それぞれの話を順番に見せられただけで、肝腎のコンフィダントや芸術家の葛藤が薄まってしまいました。重いものを軽いタッチで描く三谷さんの良さが裏目に出たように思います。

あえて暗転や堀内さんの歌で区切るならば、そのパーツパーツはとても面白く、哀愁もありウェルメイド。長丁場であることも忘れさせてくれます。それでも何かが足りません。根底に流れるものが軽すぎたように思います。

三谷さんが登場するサービスもありと、三谷さんの魅力も役者さんの魅力もいっぱいに詰まったウェルメイド作品集。ただ三谷さんが挑戦したであろうテーマは、あまりにわかりやすく、軽く流れていってしまいました。

最後に作品とは関係ないですがあえて苦言。
平日にこれだけ埋まった劇場を見るのは清清しい。ですが、客の質が悪いのか、携帯電話のバイブが何度も振動する始末。そんな状態で見た芝居が最高なわけがありません。お客さんも一緒に芝居を作るのが舞台の醍醐味です。にもかかわらずお約束かのようなオールスタンディング。千秋楽といえばオールスタンディングという風潮がある昨今の芝居事情。オールスタンディングをするために劇場に足を運んでいるかのようです。いけ好かない。

■公演内容
パルコプロデュース「コンフィダント・絆」
作・演出/三谷幸喜
出演/中井貴一 寺脇康文 相島一之 堀内敬子 生瀬勝久
会場/シアターBRAVA!
日時/2007年5月31日(木) 14:00開演
料金/9,000円
posted by 奥田圭太 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

頑張る批判

頑張らない人は周りに助けを求める。頑張る人は頑張ることに夢中で周りに助けを求めることができない。どっちもどっちでしょうか。

頑張らない人は周りに助けを求めるが故に、できないときに助けがなかったからだと他人依存で責任を転嫁します。
頑張っていないという点において、できない以前に「していない」のです。頑張っている「つもり」も同じです。やらずにできなかったとやってみたができなかったでは大きな違いがあります。明日やろうという言葉は、今することを24時間放棄するとともに今やれば改善できたことを24時間放置したことと同じです。
また、頑張っていない人を誰が助けるでしょうか。自分でやりもしていない人が助けを求めてきても「自分でまずやれよ」が人間の心情でしょう。

頑張っていないということは、それだけで「していない」であり、周りも「してくれない」であり、「できない」を放置しているだけなのです。

頑張っている人は自分あるいは目の前にある事象に必死であるが故に、盲目になって周りが見えず、できてもできなくても自分だけの責任としてできないことができるようになりません。
ですが、ここには前述しているように先ほどと大きな違いがあります。やろうと「している」点において大きな違いがあります。すでに行動しているが故に壁が見えてきます。壁が見えるということは課題が設定できるということです。次から次へと課題設定できるということは「どうすればできるか」は見えるということです。
ただし、その「どうすれば」がわかっても「できる」とは限りません。そのときに周りを見渡せればいいのですが、必死すぎた場合、それが困難になります。
それでも必死に取り組んだ場合、多くの場合ができてしまったりします。一つはこのことを知っていて、課題が乱立したときにふと冷静になれる場合です。このときは周りをうまく使うことができます。何故ならどうすればできるかが見えているからです。そして、もう一つが「周りが助けてくれる」です。これも前述の通りです。目の前で必死で頑張っている人がいれば助けたくなるのが人間の心情なのです。自然と支援者が付き、気づいたらできているのです。

頑張っているということは、行動を「している」であり、周りも「してあげたい」であり、「できる」に向かっているということです。
posted by 奥田圭太 at 00:31| Comment(4) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

ジム

ジムに追われています。今月後半に入ってかなりの事務量です。

新規事業展開の兼ね合いで事務処理が増え、来月には新しい事務所も追加開設をするのでその手続きも重なり、それらに伴って今月来月は一時的な出費も多くて事務も増えます。そして当然月末なので全ての事務処理がのしかかっています。会社も個人もめずらしく印鑑を押す機会も多く、会社の通帳も今までに比べてよく動いています。

事務事務事務事務事務。地味な作業連発です。苦手な書類たちとも格闘です。これまた苦手なレポートや説明書類の作成にも苦闘しています。

更に従来業務である「起業支援」やクライアントの「営業・販売支援」の中でもまとまった案件がやってきて複数の案件のつなぎ役を果たしており、間に立ってやることに追われてしまっています。電話が鳴り止まない、書類のやりとりに人が出入りする、そんな中断だらけの事務事務事務です。

電話。パソコン。書類。そんなものに囲まれて足止めです。身体を動かしたい。と明日には(月末事務が終わるので)解消される悩みと格闘中です。
posted by 奥田圭太 at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月29日

新規事業の幅拡大傾向

新規事業展開のメンバーがほぼ出揃いました。そのメンバーの交流とスタートダッシュに向けてちょっとした企画を考えている最中です。来週には発令見込みなのでメンバーの皆さんはお楽しみに。

さて、その新規事業展開に対して横串的に幅を広げる可能性を作ってくれるであろうビジネスプランが、バリュークリエイトの参画もあって、なんとか来月頃に中小企業経営革新支援法の承認を受けられそうな見込みです。先月もブログで書いたのですが(→コチラ)バリュークリエイトがしている学生支援や起業支援から、更に充実したハードとソフトを有機的に組み合わせてどんな段階の方にも喜んでいただけそうです。本日もそのプランにソフト面でさらに付加価値をつけるべく打ち合わせを3社で行いました。

ソフト面における他社さんのバリュークリエイトに対する信頼と期待をひしひしと感じました。

大変ありがたいことです。やりがいを感じます。その期待に応えていくことは大変なことですが、一方で様々なバックアップもしていただいていますので可能性を感じます。本日の打ち合わせでは私の想いを中心にしてかなり手前都合の話もさせていただいたのですが、そのほとんどにご理解いただき前進しています。私が練っていっているプランを全面的に受け入れていただける気配です。

ターゲットは7月1日。その点においても共通認識できました。

どんどん課題設定をぶつける形でかなり譲歩していただきました。一方でたくさんの課題・宿題を私自身も持って帰ることができました。いよいよ全体像が関係者各位に視覚的にも感覚的にも霧中から輪郭が見えてきました。ここまでくればあとは決断と加速です。

バリュークリエイトの新規事業展開にどんどん新たな可能性が肉付いていっています。ここでしっかり中身を筋肉質にして、新たな可能性を関連性の中でまとっていきたいと思います。

イメージはできた。あとはマネージだ。
posted by 奥田圭太 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

協力社会人募集

まもなくこちらでも告知しますが、6月16日(土)13:00〜で「京都発!!勉強会!!」を開催いたします。

今回のテーマは「起業・就職Vol.2」です。

第1回「京都発!!勉強会!!(起業・就職Vol.1)」の様子は
http://white-base.seesaa.net/article/12309522.html
http://white-base.seesaa.net/article/13611467.html

参加者さんに「起業・就職・転職・・・キャリア」について一緒になって考えていただく機会とすべく、起業・就職・自分の将来について学生と社会人でディスカッションをする予定です。

様々な業界の社会人、様々な大学生などが参加して、就職活動にも、起業にも、ビジネスマンにも、役立つものが詰まった会にしたいのです。就職活動中の学生さん、内定あるけど確信のない学生さん、就職活動を控えた学生さん、転職を考える社会人さん、起業を目指す全ての人たち、既存の枠を超えていろいろなものに触れたい全ての人たちに向けて発信したいのです。

そこで、ご協力いただける社会人(25〜35歳)の方を募集します。

今回の魅力はまさに様々な分野の社会人の方がおられることです。
大企業に勤める社会人・中小企業に勤める社会人・ベンチャーに勤める社会人・資格を持って働く社会人・外資に勤める社会人・公務員・転職経験者・起業経験者・・・。あなたたちの本当のこと(実体験)を語ってほしいのです!それを求めている人はたくさんいます。

たくさんの学生に刺激を与えてみませんか?ここらでキャリアを見つめなおしてみませんか?既存の枠を超えた交流をしてみませんか?

関心を持っていただけた方・ご協力いただける方は、こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメール(keita@vcreate.jp)をください。

■勉強会概要(予定)
第11回「京都発!!勉強会!!」
日時  2007年6月16日(土)
     13:00〜 グループワーク
     15:00〜 交流会
会場  京都四条烏丸近辺 
参加費 100円(ドリンク代・予定)
参加人数制限は原則先着順で30名程度。
終了後はフリータイムや食事会への移動を計画中。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2007年05月26日

感情論は自覚的でなければ逆効果である

感情論には感情でしか返って来ません。相手を愉快にすれば愉快が返って来ますし、相手を不快にすれば不快しか返って来ません。そこで生み出されるものはなく、共有もしくは反発だけなのです。感情論は感情をぶつけているのですから、ぶつかられた相手も感情的になるしかないからです。

感情論は自覚的に用いてこそ効果的なのです。

ただの感情論は意見ではなく、ただの文句です。感情的になるあまり冷静に自分を見ることができていません。言いたいだけであり相手のことを考えられていないのです。先にあるものは自己満足であり、相手との間で生まれるものではないのです。

一方、自覚的に用いられる感情論は、先にあるものを目指している点において意義深いものです。

感情論は相手の感情を揺さぶります。感情を揺さぶればそれに対する集中力も高まりますし、結果感情がぶつかり合って生まれるものは熱を帯びます。そしてその感情が、自分のことではなく相手のことを考えていると伝わったとき、その感情は意図を正確に伝える極めて冷静なものへと変化します。目指している先が共有され、同じ目的を目指して話し合いがなされるのです。そのとき感情論はもはや感情論ではなく、目的を持った議論となるのです。

感情はとても大切なものです。ですが、感情論を感情的に用いていては、自分で自分をコントロールできていないのです。感情論は自覚的・確信犯的に、自分を冷静に律してこそ、相手を思う感情となるのです。そして、相手を思う感情こそが目的を持った本当の議論を生み出すのです。
posted by 奥田圭太 at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

Baker Bounce

東京リサーチ第二弾。

六本木に新しくできた東京ミッドタウン「Baker Bounce」というハンバーガーショップがあります。
http://bakerbounce.com/index.html

ハンバーガーが大好きな私(→コチラ)は、リサーチついでにチャレンジ(これが目的でしたが)してきました。

まずはなによりもその姿から味わっていただきましょう。
DSCF0628.JPG DSCF0629.JPG
私が注文したのは「EGG'N BACON BURGER(フライドエッグと自家製カリカリベーコン)2 Fried Eggs (over hard or over easy) & Crispy Bacon ¥1,102」です。店員さんにおススメを伺ったところ「ベーコンが自家製です!」とおっしゃったのでこれにしました。ドリンクは東京ミッドタウン店限定メニューのグレープフルーツジュースです。

なによりBIGサイズです。ベーコン分厚すぎです。お口に頬張れません。これをきれいに食べるのは「モスバーガー編」より困難でした。それでもなんとかいろいろ角度を変えて頬張り頬張り、手を離すと崩れそうなため途中で他のものに移る余裕もなく、ひたすらバーガーと格闘して完食。

味はパンズから始まって全てがおいしいです。ボリュームはかなりきつめです。おなかが張るくらいの量です。思い切り「食べた!」という気分になれます。

個人的には大満足でした。お値段はけっこうしますが、それだけの味と量です。一度お試しあれ。
posted by 奥田圭太 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本創生ビレッジ

東京リサーチ第一弾。

新丸の内ビルの10階に「日本創生ビレッジ」というものがあります。
http://www.egg-japan.com/open/index_f.html
そこは「東京21cクラブ」「インキュベーションオフィス」の二つで構成されています。

東京21cクラブ http://www.tokyo21c-club.com/open/index_f.html
今回はその設立に関わった方にお話を伺えました。自分が京都で始めようとしている事業の自信と可能性を持つことができた有意義な時間でした。
一般的な社会人生活においては同じ会社の上下、同業者間の情報という枠から逃れることはなかなか困難です。相当な意志と行動が必要になります。そこでそういった世の中に横串の交流機会を仕組みで作られたのがこの東京21cクラブです。紹介制により個人が会員となって異業種交流と知識の共有が積極的に行われています。設立5年で見事なコミュニティインフラへと成長されています。

インキュベーションオフィス http://www.egg-japan.com/office/open/index_f.html
日本創生ビレッジ内にあるセキュリティと24時間利用にこだわったSOHO施設。新規事業に必要な「モノ」、「人」、「お金」、「時間」、「情報」といった起業家にとって必要不可欠な経営リソースについて総合的に支援することを目的とされています。
それよりもこの施設の画期的な特徴は、箱物に対する賃料というものでの収益利回りを設定しているわけではない点です。一般的に箱物は賃料利回りを設定します。しかしここでは企業の成長による利回りを考えており、ソフトによる支援とそれによる利回りや施設や地域のブランド向上を前提としており、ハードによる賃料利回りは後回しになっているのです。具体的には、入居希望企業をしっかりと審査し、賃料や初期費用を極力抑えて新株予約権をやりとりしたりしています。

今の世の中に求められている「コミュニティ(人・情報)」というものと「ハード(設備)」はもちろんのこと「ソフト(支援)」を兼ね備えた新しい付加価値に挑戦する施設です。
posted by 奥田圭太 at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

東京施設見学

今回の東京出張では突如の計画変更もありながら、東京にある3つの施設のハード面とソフト面をゆっくり見学したり、実際にそこに携わる人のお話を聞かせていただきました。

(1)新丸の内ビルディング
http://www.shinmaru.jp/index2.html
商業施設としてもオフィス施設としても参考にしようとしたのですが、今回は特に10階に新設された「日本創生ビレッジ」に注目して見学の機会をいただきました。
日本創生ビレッジ http://www.egg-japan.com/open/theme/theme.html
商業施設としてはすでに賑わいを見せていましたが、オフィス棟はまだまだ工事をしているところも多く、これからスタートという感じでした。

(2)東京ミッドタウン
http://www.tokyo-midtown.com/jp/index.html
内観1.JPG 内観2.JPG 庭.JPG
見た目も中身も目新しいものはありません。どこにでもありそうな感じです。六本木ヒルズ(http://www.roppongihills.com/jp/index.html)とも違ってシネコンもなく、遊びに行く感じも満たされません。全体的にゆったりしたスペースをとっていて、ぼけーっと過ごすにはいいかもしれません。

(3)東京国際交流館
http://www.tiec.jasso.go.jp/index1.asp
お台場にあり、その開放感と清潔感に驚嘆します。留学生向けの住居系と文化交流のための文化施設の複合体なのですが、その豪華さには驚かされます。料金的にもソフト的なサポートも充実したサービス内容です。何らかの形でご一緒に何かさせていただく可能性も出てきましたので様々な可能性も模索したいと思います。
posted by 奥田圭太 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

グレゴリー・コルベール 『ashes and snow』

五感で言うならば触覚を芯の芯から刺激される作品群、というよりは創造空間。

人間・動物・自然・・・つながりというものが写真、映像で提示されるのですが、個人的に感じたのは「触覚」です。基本は視覚で味わうところから始まるものなのでしょうが、それ以上に「触る」というものを感じました。特に「皮膚」です。人間の皮膚、動物(象・猿・鳥・・・)の皮膚、植物との皮膚・・・、その手触り、ザラザラ感を触っていなくても手に汗にじみながら感じることができます。その触り心地はかなりのエロスです。風、土、光、水・・・それらが降り注いできます。それは細かな粒子で体にまとわりつきます。

いいものというものは触りたくなります。絵画でも写真でも。特にこの作品群は写真を壁紙のようなものにプリントされていて立体感や質感があり、本当に触りたくなりました。最後にあるネパールの紙漉きをベースにした生地も魅力的です。

最初から最後まで何かに触れていたくなる空間。風が特設の会場を揺らすとき、観に来ている人が歩いている足音が響くとき、そこは異空間になります。

■展示概要
グレゴリー・コルベール 『ashes and snow』
会場/ノマディック美術館 東京 お台場
日時/2007年3月11日〜2007年6月24日
http://www.fujitv.co.jp/events/art-net/go/425.html
http://www.ashesandsnow.org/jp/index.php
posted by 奥田圭太 at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。