2007年04月29日

「バベル」

観る理由は話題についていくため。と思ってしまいました。

とても薄い映画です。

ひとつの事件を媒体として4つの家族を(時間軸はずれていますが)同時進行で描かれているだけです。事件とのつながりはさほど意味はなく、ただ世界のどこでも家族というドラマがあるというだけで、それを真摯に別々に描いたというだけです。4つの家族の物語をどれも浅すぎて撮れない監督が、一本に詰め込んだら意味深と思われて映画を撮れたというような、それぞれのドラマは真摯ではあるがとても浅いです。意味深なプロモーションのせいかもしれませんが、なおのこと意味が浅はかで薄く感じてしまいました。

映画としてもいまいちです。俳優人の演技に引っ張られてもちこたえているものの、しつこいまでの寄りの映像の数々。目をチラつかせるカット割やテンポ。決して美しくもないシーンの数々。音の入り繰りも苛つきを誘います。大画面で大音量で観ると酔ってしまいます。私は酔いました。最後の絵が撮りたかったのでしょうし、その効果を高めるためのそれまでの演出なのかもしれませんが、それにしてもしつこすぎます。

上映時間は長いです。酔わないように後ろのほうでご覧になられることを推奨します。

地球という惑星には様々な国・環境があって、そのどこにも人間というものがいる。そして人間である以上、みんな幸せなる愛とそれゆえの課題を抱えている。それ以上の深読みをしようにもできなかっただけでなく、それぞれのドラマがとても薄っぺらかったです。

■作品概要
題名/「バベル(原題:BABEL)」
2006/アメリカ/ギャガ・コミュニケーションズ
監督/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演/ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット ガエル・ガルシア・ベルナル
   役所広司 菊地凛子 アドリアナ・バラッザ
会場/TOHOシネマズ二条
壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じていた…。
posted by 奥田圭太 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人財募集(新規事業展開説明会)追加情報

先日エントリーした新規事業説明会開催(→コチラ)ですが、予定通り6日(日)8日(火)10日(木)の3回を開催いたします。参加希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

詳しくはまず下記をクリックしてお読みくださいませ。
 http://white-base.seesaa.net/article/40105911.html

開催時間も仮決定しました。
 6日(日) → 17:00〜
 8日(火) → 19:00〜
 10日(木) → 18:00〜

会場はどこか京都は四条烏丸周辺で借りようと思っています。決定しましたらご連絡いただいている方々には個別にお伝えいたします。

思った以上に反響がありまして約15名の方からご連絡をいただいております。今回の企画は仲間が多ければ多いほど可能性は広がりますのでどんどん参加していただけるとわくわくも増幅します。年齢もバラバラですが、みんな「何かにわくわく」しているような雰囲気がメールでも伝わってきます。当日お話し合いできることを心から楽しみにしています。

少しでも興味を持った方は一度ご連絡ください。ご質問もお気軽にしてください。こちらにコメントしていただいてもメール(右記プロフィール欄にアドレスがあります)をしていただいてもけっこうです。あくまで「説明会」ですのでお聞きいただいてからご判断いただこうと思っています。
posted by 奥田圭太 at 14:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行づいていた夜夜

一昨日(金)の夜は前職時代の同期会、昨日(土)の夜は前職時代の後輩夫妻の家にお招きいただき食事会と、前職である銀行を思い出す時間がたくさんあった連夜でした。

事実だけ先に並べておく(完全日記です)と、金曜は仕事終了後にタクシーで焼肉屋さんに移動、同期3人と合流して3時間でおなかがはちきれんばかりに焼肉を満喫。その後、祇園にいた長山社長(名前出したよ!)に合流。最後はホストクラブではないもののホストノリの一気飲みを味わい、外が明るくなってから帰宅。土曜日はシュークリームを買って後輩夫妻宅へ。広島風お好み焼きとスジ煮込みネギ焼きを馳走になりながらワイン三昧。日付が変わってタクシーで帰宅。

両日通して、先輩・同期・後輩が今どうしているかの情報をかなり教えてもらいました。相も変わらずな人も多かったり、転職した人も多かったり・・・、銀行員大丈夫か!?と思いつつ、あんまりいい話はなかったもののたくさんの近況を知ることができました。

それはともかく、一番印象的だったのが「おれって銀行にいたとき(あるいは昔)そんなこと言ってたのか〜」ということです。後輩から「こんなこと言われたことありましたよね」「こう言ってはりましたよ」と言われるたびに、ほとんど覚えていない私は「そうなんだ〜」と他人事のようにうなずくばかりでした。先輩ぶっていたのね(笑)と思うこともありながらも確信したのが、自分が言っていたことは一貫している、今も変わっていない、ということです。

銀行員時代にたくさんの生意気なことを言いました(らしい、ちがいない)。もちろんそれは銀行の悪口ではなく、働くスタンスの話です。そのほとんどが今も変わらずはっきりと思っていることですし、それにしたがって行動しています。銀行というのは往々にして独自の常識に凝り固まっていく世界であり、別世界だと思われがちです。ですが、変わっていない自分を見て、逆にそれが故に新しい世界でやっていけている自分の自信を持って、結局どこにいようとも本質的に通じるものは同じだ、と確信しました。

どこであろうと根幹は同じだ。そしてその根幹こそが大切であり、一貫していなくてはいけない。と思うのです。
posted by 奥田圭太 at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。