2007年03月16日

とある温泉旅館

とある温泉旅館に来ています。小ぶりな歴史を感じる館内です。皇太子殿下もその昔、ここでお食事とご入浴をされたそうです。オフシーズンなのでしょう、貸切状態です。中庭を眺めながらこのブログを書いています。

3月は休むぞ宣言をしながらなかなか思うように行っていなかったので肉体だけ強制的にこちらにやってきました。なんとかインターネットはつなげる環境にした(にしても遅すぎてかなりのストレスを感じていますが・・・)ので仕事はしようと思っています。

旅館に話を戻しますが、ゆったり気分にはぴったりです。温泉の水質は鉄と泥の混じったような質感です。露天風呂の湯船の石に赤茶色いものが蓄積して付着しています。なんとなく落ち着く感じです。

貸切状態なので気楽に館内をうろつけますし、露天風呂も入り放題、ロビーの大画面も自分のものです。非常に静かでパソコンに向かっているとき以外はなにかいろいろなものを忘れることができます。やれることがないからでもありますが時間の流れがゆったりです。

明日も仕事をする予定ですが、観光気分で辺りを散策しようと思っています。この部屋からも見事な山城が見えていますし、見知らぬ風土を味わいたいものです。

明日はただ歩こう。

追記(3/17)
中庭の写真を撮ってみました。
旅館中庭.JPG


posted by 奥田圭太 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。