2007年03月15日

スタイルシート10

先日スタイルシートを変更していたときの不満(→コチラ)を色をいじってカスタマイズして解消しました。具体的にはリンク文字色をいじってアンダーバーをつけることでリンクを分かりやすくしました。

思い起こせば過去に格闘したことが役に立ったわけです。ちょうど1年前の3月です。(→コチラからコチラからコチラ)あのときにタグやらなんやらをできないなりに勉強した成果です。何事もやってみることが大切ですね。

いつものように過去の変遷を記録しておきます。

全てSeesaaの付属品で
「ブルー(両サイドバー)」
→年始三が日「賀正(右サイドバー)」
→通常モード「シンプルオレンジ(右サイドバー)」
→3月より「若草(右サイドバー)」
→3月6日より「若草(右サイドバー)色いじりオリジナル」
→5月22日より「light pole(右サイドバー)」
→8月1日より「カラスウリ(右サイドバー)」
→9月27日より「その世に見る夢(右サイドバー)」
→年始のみ「賀正(右サイドバー)」
→通常モード「和柄『紋様』(茶) (右サイドバー)」
→3月12日より「和柄(右サイドバー)」
→「和柄(右サイドバー)色いじりオリジナル」
です。


posted by 奥田圭太 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

継続の担保たる人々

昨日は嬉し涙とムカムカが交互にやってくる感情の起伏激しい面白い日でした。

そんな中でつくづく実感したのは「自分ひとりで勝手に決めちゃいけないな」ということです。これは嬉し涙からもムカムカからも学んだことです。その中でも嬉し涙のほうが私にはとても大きなことでした。あまりにそんなことが続いたので思い出し涙も重なって夜中に涙が止まりませんでした。

実はある仕事について辞めようかと思って最近悩んでいました。一人で悶々としていて、あるタイミングなんかでは宣言してしまおうと決めた日もありました(タイミングがずれて流れました)。それが昨日のあるタイミングで思わずその悩みが口に出ました。それを真剣に聞いてくれる「仲間」がいました。その仲間はバリュークリエイトのパートナーたちではなく、他社の従業員さんたちです。ですが、紛れもなく彼らは一緒に仕事をする「仲間」だったのです。ものすごく反省しましたし、嬉しさが溢れて止まりませんでした。彼らの信頼で自分は仕事を継続できると確信に至りました。続けます。

何事においても継続は根幹になります。その継続性を担保するものにはいろいろとあります。「お金」であったり「仕組み」であったり「目的」であったり・・・。ですが、それは一人で始めたことでもいつしか一人ではなくなることを教わりました。

「京都発!!勉強会!!」のときもそう(→コチラからコチラ)でした。そんな話を昨日別の人にしていました。そしてそれと同じことが夜中に起こりました。

私の継続性を担保するもの・・・それは周りの人です。
そして、それは何よりも強いものです。
posted by 奥田圭太 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。