2007年03月18日

三月花形歌舞伎「霧太郎天狗酒もり」

感動というほどではありませんが、歌舞伎らしさをそこかしこで感じることができる舞台でした。演出にあれやこれやで光を使ったものは面白かったものの、場面転換の幕が下りている時間が長く、あれやこれや大仕掛けをやってみたものの基本的な部分がなおざりになったのかな、と。

役者さんは皆さん芸達者。特に今日に限って言えばかもしれませんが花形4人よりもその他(と言っては失礼ですが)4人が素晴らしかった。弥十郎さんのキレ、薪車さんの目の輝き、亀鶴さんの立役の中のコミカル、萬次郎さんの貫禄とコミカル。

逆に言えば花形4人は物足りず。橋之助さんは一人の見せ場はいいのですが通常のやり取りが声量のせいか力不足。勘太郎さんは期待が高すぎるのもありますが今回は正統派過ぎる役で抑えめ。愛する女性を持っていかれる口惜しい表情にはぐっと来ましたが。七之助さんはただただ美しい。愛之助さんの声の使い分けは素晴らしかったですが出番が少なめ。

作品自体が複雑な構成を強引に紐解いたもの。結局ほぼ全員が素性は源氏の怨念にとりつかれていますし。原作は相当背景と個性が複雑だったことがうかがえます。どの役が主役とも言い切れず全体的に出番少なめ。

結局、何を楽しみに行ったのか。歌舞伎でこういう演出もありなんだというものをたくさん拝みに行く華やかさか。個人的にはだんまりの色彩と動きの美しさは目を見張るものがあったと思います。

■公演概要
三月花形歌舞伎
通し狂言 天下騒乱源氏三代世継争い
「霧太郎天狗酒もり」
出演/中村橋之助 片岡愛之助 中村勘太郎 中村七之助
    坂東弥十郎 坂東薪車 中村亀鶴 市村萬次郎
会場/京都四條南座
日時/2007年3月18日(日)16時開演
料金/1等席 12,600円


posted by 奥田圭太 at 21:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

岐阜市〜食事編〜

さて、続いて食事です。長良川といえば鵜飼です。鮎が名産です。マンホール(写真1)が鵜飼になっているくらいです。
マンホール.JPG

そんなわけで、昼食には(あとで知ったことですが)年中いつでも天然鮎が食せるという「川原町泉屋」さんに町並みを見歩いていて辿り着きました。注文したのは「春限定/氷魚ちらし寿司御膳」です。
前菜.JPG 鮎雑炊.JPG 氷魚ちらし.JPG
早速前菜(写真2)からいただきましたが、発酵させた鮎寿司にクギ煮、大豆にお野菜の炊いたものです。せっかくなので鮎雑炊(写真2)も少しいただきました。そして、メインの氷魚ちらしと鮎しんじょうのお吸い物(写真3)です。氷魚とは鮎の稚魚だそうです。このあとデザートもついてきておなかいっぱいでした。

そして、夕食。これまたボリュームたっぷりです。

夕食1.JPG 夕食2.JPG
お野菜の炊いたもの、氷魚の小鉢、蟹に、真鱈のお鍋、さらには鯛のお刺身(写真4)です。さらにさらに続きます(写真5)。大きい海老の塩焼きに長いもをお肉で巻いた揚げ物、ご飯にあさりの味噌汁、そして仕上げがイチゴです。

前日の夕食もものすごい量でした。この二日間、食べ過ぎです。


posted by 奥田圭太 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岐阜市〜観光編〜

観光ということでひたすらに歩きました。はい、岐阜市は長良橋付近にいます。観光ということで写真で綴ります。

まずは橋付近にあるメモリアルセンターから信長の寺として織田信長の位牌のある崇福寺(写真1)です。本能寺の変直後に信長の側室がこの寺に手紙をしたためこういうとになったそうで、信長やその側室や様々な歴史上の人物の直筆のものが残されていました。
崇福寺.JPG

続いて訪れたのが橋を渡って杭州門。日中友好の印なのですがまさに異国の庭園(写真2)になっています。そのまま岐阜公園を散策。山の上に岐阜城(稲葉山城)を臨み(写真3)ながら、山道(写真4)を歩き、様々な広場や庭、信長居館跡、銅像等を見ながらロープウェーで山頂へ。
杭州門.JPG 山城.JPG 山道.JPG

リス村でリスと戯れながら(写真5)癒されて、そのまま天守閣(写真6)へ。天守閣からの眺め(写真7)は素晴らしかったです。濃尾平野を見回すことが可能です。
リス村.JPG 天守閣.JPG 濃尾平野.JPG

金華山(稲葉山)を降りてさらに南へ。京都は宇治の萬福寺の末寺、正法寺で大変立派な大仏を拝観し、齋藤道三の寺といわれる常在寺へ。ここでいったん古い町並みが残る材木町あたりへ戻って昼食。

食後はさらにさらに南へ行って楽市楽座ゆかりとして信長が祀られている粕森神社(写真8)を抜けて、梅林公園(写真9)へ。残念ながら梅はほとんど散っていました(写真10)が、いいハイキングになりました。
のぶなが神社.JPG 梅林公園.JPG 梅.JPG

一日を通して風が強い日でした。あまりの強さにまっすぐ歩けないかと思ったくらいです。

そして、戻ってくると・・・昨日が嘘のように旅館は満員です。
posted by 奥田圭太 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

とある温泉旅館

とある温泉旅館に来ています。小ぶりな歴史を感じる館内です。皇太子殿下もその昔、ここでお食事とご入浴をされたそうです。オフシーズンなのでしょう、貸切状態です。中庭を眺めながらこのブログを書いています。

3月は休むぞ宣言をしながらなかなか思うように行っていなかったので肉体だけ強制的にこちらにやってきました。なんとかインターネットはつなげる環境にした(にしても遅すぎてかなりのストレスを感じていますが・・・)ので仕事はしようと思っています。

旅館に話を戻しますが、ゆったり気分にはぴったりです。温泉の水質は鉄と泥の混じったような質感です。露天風呂の湯船の石に赤茶色いものが蓄積して付着しています。なんとなく落ち着く感じです。

貸切状態なので気楽に館内をうろつけますし、露天風呂も入り放題、ロビーの大画面も自分のものです。非常に静かでパソコンに向かっているとき以外はなにかいろいろなものを忘れることができます。やれることがないからでもありますが時間の流れがゆったりです。

明日も仕事をする予定ですが、観光気分で辺りを散策しようと思っています。この部屋からも見事な山城が見えていますし、見知らぬ風土を味わいたいものです。

明日はただ歩こう。

追記(3/17)
中庭の写真を撮ってみました。
旅館中庭.JPG
posted by 奥田圭太 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

スタイルシート10

先日スタイルシートを変更していたときの不満(→コチラ)を色をいじってカスタマイズして解消しました。具体的にはリンク文字色をいじってアンダーバーをつけることでリンクを分かりやすくしました。

思い起こせば過去に格闘したことが役に立ったわけです。ちょうど1年前の3月です。(→コチラからコチラからコチラ)あのときにタグやらなんやらをできないなりに勉強した成果です。何事もやってみることが大切ですね。

いつものように過去の変遷を記録しておきます。

全てSeesaaの付属品で
「ブルー(両サイドバー)」
→年始三が日「賀正(右サイドバー)」
→通常モード「シンプルオレンジ(右サイドバー)」
→3月より「若草(右サイドバー)」
→3月6日より「若草(右サイドバー)色いじりオリジナル」
→5月22日より「light pole(右サイドバー)」
→8月1日より「カラスウリ(右サイドバー)」
→9月27日より「その世に見る夢(右サイドバー)」
→年始のみ「賀正(右サイドバー)」
→通常モード「和柄『紋様』(茶) (右サイドバー)」
→3月12日より「和柄(右サイドバー)」
→「和柄(右サイドバー)色いじりオリジナル」
です。
posted by 奥田圭太 at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

継続の担保たる人々

昨日は嬉し涙とムカムカが交互にやってくる感情の起伏激しい面白い日でした。

そんな中でつくづく実感したのは「自分ひとりで勝手に決めちゃいけないな」ということです。これは嬉し涙からもムカムカからも学んだことです。その中でも嬉し涙のほうが私にはとても大きなことでした。あまりにそんなことが続いたので思い出し涙も重なって夜中に涙が止まりませんでした。

実はある仕事について辞めようかと思って最近悩んでいました。一人で悶々としていて、あるタイミングなんかでは宣言してしまおうと決めた日もありました(タイミングがずれて流れました)。それが昨日のあるタイミングで思わずその悩みが口に出ました。それを真剣に聞いてくれる「仲間」がいました。その仲間はバリュークリエイトのパートナーたちではなく、他社の従業員さんたちです。ですが、紛れもなく彼らは一緒に仕事をする「仲間」だったのです。ものすごく反省しましたし、嬉しさが溢れて止まりませんでした。彼らの信頼で自分は仕事を継続できると確信に至りました。続けます。

何事においても継続は根幹になります。その継続性を担保するものにはいろいろとあります。「お金」であったり「仕組み」であったり「目的」であったり・・・。ですが、それは一人で始めたことでもいつしか一人ではなくなることを教わりました。

「京都発!!勉強会!!」のときもそう(→コチラからコチラ)でした。そんな話を昨日別の人にしていました。そしてそれと同じことが夜中に起こりました。

私の継続性を担保するもの・・・それは周りの人です。
そして、それは何よりも強いものです。
posted by 奥田圭太 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

プラスワン

4月から新事業を立ち上げ予定(→コチラ)ですが、まだまだ試案段階でした。この立ち上げには一人でも多くの人が仲間になってくれることが大切です。その仲間が発生してきてようやく試案が形になり、スタートラインが発生するのです。

本日、強力な助っ人が加わってくれることが決まりました。この人が共感してくれるのならば実行に移そうと私の心のどこかであったのですが、スッキリしました。この人からいただいた言葉を宝にしたいと思います。心底感謝。

「いいですよ。奥田さんのスタンスが好きですから、どんなものでもやりますよ。」

先日はある会社の社長とも話し(→コチラ)システム的な可能性と限界もイメージできました。一緒にやっていただける方向で話も進んでいます。

そんなわけで、4月始動に向けて加速させます。「絶対にやる」と覚悟もできました。あとは「仲間」を一人でも増やして「スタート」と「ゴール」を確定させるだけです。

バリュークリエイトでは「仲間」を求めています。

学生時代にたくさんのことを経験したい人、起業家を目指す学生や今定職に就いていない人、その他チャレンジ精神に溢れる人・・・一緒にやってみませんか?

具体的には「大学」「大学生」のプラットフォームを作り、大学の活性化、学生団体・サークルの活性化、学生ベンチャーの融合と輩出を目指す予定です。「仲間」である皆さんとディスカッションをして詳細をつめていきます。

私たちが求めているのは「仲間」です。あくまでもまだまだ試案です。言われたことをやっていただくのではなく、一緒にスタートとゴールを共有して、一緒にやっていく「仲間」です。

詳細はいつでもお会いして直接お伝えさせていただきます。少しでもご興味を持たれた方はお気軽にご連絡ください。年齢・性別・所在地は一切問いません。よろしくお願いします。
posted by 奥田圭太 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

継続の指す力

継続は力なり。このことを痛感する機会は数え切れないくらいあります。いつも感じているとも言えます。そして、継続とは大きな力になるが故にその分難しいものであります。

(1)困難を継続するのは苦痛である
(2)新鮮さを維持するのはさらに困難である

(1)はたとえば筋力トレーニングを思い浮かべてください。継続が力になるには「あと一歩」が大切です。しかしそれは困難との闘いです。直接的には苦痛です。その困難を継続するのは苦痛の連続であり、人間の本能的に避けるものです。

(2)は楽しいことを継続する場合によくあるケースです。始めるときは楽しいが先行します。しかし、初めの楽しいは新鮮という楽しいを含んでいます。これは徐々に薄れるものであり、新たな楽しみを見つけないと続きません。

こういった困難を乗り越えたからこそ継続は大きな力となると言われているのかもしれません。この困難を乗り越えれば大きな力がつくということを誰もが確信して始められる行いです。つまりは頑張れば頑張っただけ返って来るというものです。

ですが、継続は力なりという言葉の意味はもっと敷居の低いものであるように思います。

継続するものは困難でも楽しいことでもある必要はないと思うのです。極論を言うならば「ただ続ける」ということです。本人が当たり前に続けていたことが実は「本人の意図しないうちに」力となっていた、文化となっていたということがあるのです。

小さなことかもしれないが「ただ続ける」ということ、それが蓄積に蓄積を重ね、その人の力となり、その人の個性となっていく。継続にはそれだけ根底を築き上げる力があります。
posted by 奥田圭太 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

スタイルシート9

スタイルシートを替えました。「飽き」です。定期的に飽きることに変わりはないようです。

最近「和」テイストで進んでいます。このスタイルシートの難点は「リンクが分かりにくい」です。同じ色(?もしくは濃すぎて違いが分からない)です。読みやすいので個人的には好きです。

いつものように過去の変遷を記録しておきます。

全てSeesaaの付属品で
「ブルー(両サイドバー)」
→年始三が日「賀正(右サイドバー)」
→通常モード「シンプルオレンジ(右サイドバー)」
→3月より「若草(右サイドバー)」
→3月6日より「若草(右サイドバー)色いじりオリジナル」
→5月22日より「light pole(右サイドバー)」
→8月1日より「カラスウリ(右サイドバー)」
→9月27日より「その世に見る夢(右サイドバー)」
→年始のみ「賀正(右サイドバー)」
→通常モード「和柄『紋様』(茶) (右サイドバー)」
→「和柄(右サイドバー)」
です。
posted by 奥田圭太 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

キャらリア開設1周年記念「本当に成長したい人が議論しあう参加型セミナー」出席

キャらリア開設1周年記念「本当に成長したい人が議論しあう参加型セミナー」(→コチラ)に参加してきました。

受付の仰々しさやオープニングのあまりの堅さ、さらにはマニュアルな会場運営に「おいおいNTTグループ、そりゃねぇぜ」と重苦しい気分でした。とはいえ、目的は「独立・起業」がテーマの体感セミナーである株式会社バリュークリエイト三富さんの勉強会だったので気にしません。

実はコーディネイトしたのは私なのでだいたいの体感セミナー内容は知っていたので、オブザーバーとして後ろのほうで見学していました。「京都発!!勉強会!!」でも考え方やセミナーの進め方を活用させていただこうと三富さん了承の下、盗めるだけ盗もうと見ていました。最後に「起業家」として私が話す時間があって驚きましたが・・・。

資産を「組織資産」「人的資産」「顧客資産」「物的資産」「金融資産」に分け、その循環性を説明されていました。物事を整理してわかりやすく考える手法として重宝できます。こういう一度立ち止まって、現在・未来を整理する機会はそれだけでも貴重ですし、その思考を手助けしてくれる考え方をひとつの考え方として身につけておくことは大切です。

今回のセミナーには、こういった機会を持ってほしいと思った友人・知人を複数招きました。彼らの反応が思っていたとおりだったのがセットした私を一番喜ばせてくれました。

三富さん、ありがとうございました。久しぶりに会った人たち、楽しい時間をありがとうございました。そして・・・「京都発!!勉強会!!」ご参加の皆様、5月開催をお楽しみに!!

※このエントリーはかなりのバックデイトで書きました。
※「京都発!!勉強会!!」については→コチラ
第9回「京都発!!勉強会!!」4月14日開催コチラ

posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。