2007年03月31日

「ラストキング・オブ・スコットランド」

最後まで鬼気が濃縮された切迫感に体が強張り続ける映画でした。

ウガンダのアミン大統領という実在の人物をスコットランド人医師の目を通して描いたものです。一人の男の狂気を一人の男によってフィルムに焼き付けてあります。

「疑心暗鬼を生ず」という言葉があります。
列子(説符注)疑心があると、何でもないものにまで恐れや疑いの気持ちを抱くものである。疑心暗鬼。疑えば目に鬼を見る。(出典:大辞林)

この映画はそれの体現に集約されています。全ての登場人物がこの言葉を鍵として行動を起こし、結びつき離れます。人が人を殺す(殺人)理由のひとつは「自分が殺されるかもしれないから殺される前に殺す」というものでしょう。それが一人だろうが大量だろうが・・・。この映画で描かれていることは、一人の男の狂気ではなく、人間であり、今この瞬間も世界のどこかで起こっていることです。「殺人」ということから離れればこの疑心暗鬼という恐怖は日常生活でも人間の本質にあるように思います。

それにしてもTOHOシネマズ二条という映画館は久々に行きましたが、相変わらず音が良いです。同じ映画でもここで観れば「ずしり」と来る感じがします。音が近く感じられる設計なのでしょうか。サービス面は除いて、映像と音のクオリティではおススメの映画館です。

■作品概要
題名/「ラストキング・オブ・スコットランド」
2006/アメリカ・イギリス/20世紀フォックス映画
監督/ ケヴィン・マクドナルド
出演/フォレスト・ウィテカー ジェームズ・マカヴォイ ケリー・ワシントン
会場/TOHOシネマズ二条
スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、志を胸に、ウガンダにある診療所で働く道を選んだ。時は1971年。軍事クーデターによってオボテ政権が倒れ、イギリスの支援を受けたイディ・アミンが、新ウガンダ大統領の座についた直後のことだ。軍隊のヒーローであるアミンは、国民の期待を一身に集める希望の星だ。そんな彼が、診療所の近くで演説すると聞き、興味を抱いて出かけて行くニコラス。熱弁をふるうアミンのカリスマ性にニコラスは、集まった多くの民衆と同様に強くひきつけられるのを感じる。そんなニコラスとアミンの運命がひとつに交わる出来事が、演説会の直後に起こった…。
posted by 奥田圭太 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新入社員研修

新入社員研修というものがあります。まさに今です。このシーズンに行われるものです。お客様のご要望によりバリュークリエイトはこの新入社員研修なるものをさせていただくことがあります。

この新入社員研修というのはいったい何のために行われるのでしょうか。これは会社様によって目的は様々でしょうが、そんな短期間に成果(新入社員の成長)というものは期待できないことでしょう。では、何の「研修」なのか。

(1)社会人と学生の違いを教える
(2)自社のことをよく知ってもらう
(3)実際にやる業務の遂行法を教える

この3つに集約されると思います。先日ある方ともお話していたのですが、就社もしくは就職すると必ずミスマッチ部分が現れます。ギャップにぶち当たるのです。これは誰でも経験することです。入社前に抱いていたイメージと全く同じだった人などいないはずです。そこには3つのギャップが存在します。

(1)社会人と学生のギャップ
(2)カンパニーとしてのギャップ
(3)ジョブとしてのギャップ

それを緩和しようとするクッション材がまさに新入社員研修なのでしょう。では個別に見てみましょう。

(1)これについては「マナー」なんて下らないことを言う人がいます。そんなテクニカルなハウツーではありません。そんなものは本を読みましょう。本来身につけることは「思考プロセス」です。私が「言葉津々」で書くようなことです。「意識→行動」のことです。ここを癖付けることができるかが大切なのです。マナーはその表れのひとつに過ぎません。

(2)これはいわゆる知識と文化です。この会社はどういう理念なのか。どういう考え、どういう判断基準を持つべきなのか。そういった文化の下、どういった事業を実際に行っているのか。それが何につながるのか。ある意味、会社としての「思想」「理想」です。これは刷り込まれていくもので、時に大きなギャップの要因となるものです。

(3)これが一番簡単です。いわゆるテクニカル研修です。やっていただくジョブに必要な知識を身につけてもらうことです。その会社の道具・システムの使い方、いわゆるフローやマニュアルというものを身につけてもらうことです。

これらのことがいきなり現場に行くと「びっくりする」からクッション材が必要。新入社員研修とはそういうものであると思います。そして、この目的を理解していない新入社員研修は、もしかしたら「新入社員の体内時計を作るだけ」の下らないものになることでしょう。朝起きて就業時間中なんとなく緊張感を保つというただそれだけの・・・そして、現場に行って「びっくりしすぎる」のです。短期間に成果というものは期待できないものだからこそ、目的をしっかり持たなければ迷走してしまうのです。
posted by 奥田圭太 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

3月後半

休もう休もうと言っていた3月ももうすぐ終わりです。どの程度休んだかは今月のブログアーカイブ(→コチラ)からご想像ください。

さて、3月後半はイベントラッシュです。毎日のように何らかのイベントに参加しています。参加させていただいているものが多種多様で久しぶりにいい刺激が新鮮にやってきています。

昨日はクライアント企業の社長様とゆっくりとお話をする機会になりました。実はこの企業様に対してほとんど役立つことができておらず、どうしたものかと悩んでいました。こちらがただご支援をいただいているだけのように思えて、恐縮した気持ちで取引の見直しも含めてご相談をするつもりでした。

結果的には取引は継続です。しかし、この「継続」という事実よりも嬉しい発見がたくさんありました。

(1)社長様はこの時間を大切にしてくださっている。
社長様は定期的に設けているこの時間に意義を見出しておられます。この時間に向けて自社の取り組みや確認したい項目をしっかり整理してきていただいています。
また仕事の話がゆっくりとできることにも喜びを感じておられているようです。この日もその多くをプライベイトや社会についての話が多くを占めていました。単純に飲んでゆっくり楽しめるこの時間に感謝していただいています。

(2)私の言ったことをきちんと実行に移していただいている。
何もできていないとばかり思っていたのですが、私がアドバイスさせていただいた施策や方向性をかなり取り入れていただいていて、実際にその成果をご報告いただきました。

この会社様には個人としても会社としても全面的にバックアップいただいています。映画「はんなり」や4月からの新規事業を応援していただけるようです。

4月からの新規事業ですが、概要もだいぶ固まってきました。多くの企業様からバックアップもいただける方向で進んでいます。困ったのが「人」です。いよいよ本格的に何人か採用して、事業化しなくてはなりません。そんなわけで「人財募集!!」します。(→コチラ)
バリュークリエイトで働いてみたい人、新規事業を立ち上げてみたい人、まずはお問い合わせください。(右、プロフィール欄にメールアドレスがあるのでメールをくださいませ。)
posted by 奥田圭太 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

「はんなり」関係者上映会 IN JAPAN

監督の曽原みゆきさんが帰国することになって、急きょ京都でご出演者やご協力者向けの映画「はんなり(Hannari)」上映会を行いました。

午前中はプロデューサー業務としてスポンサー候補の会社様に現状と今後の展開のご報告、そして夕方からご出演者やご協力者を招いての上映会のサポートに行ってきました。監督の第二子(3ヶ月)のお相手とかをしながらの和やかな時間でした。そんな中で観客としても映画を観て、改めてしみじみと「本物」と「継承」の大切さを感じました。

さて、映画「はんなり(Hannari)」の現状ですが、JAPAN EXPOとLAでの公開(→コチラ)の成功を受けて、アカデミーのドキュメンタリー部門出品を目指すことになりました。そのためにはたくさんの規定をクリアしなくてはなりません。まず最低限として「自主上映」のスタンスで「全米11州15都市」での上映を目指しています。現在はそれに向けて全力投球中です。日本版(日本語ナレーションを入れ直すか、字幕にするかは未定)はそのあとになりそうです。

ここまでこの映画「はんなり」に関わってきてたくさんのことを学びました。たくさんの出逢い、たくさんの知識と経験、なによりも感じることがたくさんありました。バリュークリエイトの広告にもいつの間にか日に日になっていっています。香取慎吾さん司会のテレビ朝日「SmaSTATION」でこの映画「はんなり」を取り上げていただいて(ゲスト松岡修三さんのコメントが素敵でした)「はんなり」で検索される方も増えています。海外の方がLA公開をきっかけに「Hannari」で検索されることもあるようです。このブログにもそういう方が数多く訪れてくださっています。これは実体験をしたものにしか分からないことでしょう。ありがたいことです。

「本物」をきちんと伝えたい。それは海外の人はもちろん、私たち日本人自身にもです。皆さんのご協力に心から感謝いたします。また、一人でも多くの方にこの想いに賛同して加わっていただけることを心から望んでおります。
posted by 奥田圭太 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

二条城ライトアップ

京都は二条城はライトアップのシーズンです。京都造形芸術大学の有志によって繰り広げられる風物詩です。今年は3月23日より始まっています。

日が落ち、ライトアップが始まるくらいに行き、ゆっくりと見てきました。二条城というのはお城というよりは庭園・別荘といった趣です。

二条城入り口.JPG 二条城庭1.JPG 二条城庭2.JPG

名物のペアの白鳥を見ながらゆっくりと堀と庭を見て回ります。桜が咲けば更に美しいことでしょう。今回は夜ということでまた一風変わった魅力でした。

最後には歴史を感じる建物の中で生演奏が行われていました。

二条城建物.JPG 独演会.JPG 二条城ライトアップ.JPG

その周りには名産店も軒を並べてにぎやかでした。帰る頃には最後の写真のようにすっかり日も暮れて、白く浮かび上がる城壁がいかにも二条城でした。
posted by 奥田圭太 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」

誰が主役でもない、点と点で切り取ってその中に溢れかえる人々の悲喜こもごもを、丁寧すぎるくらい正直に焼き付けた作品。

登場人物が多く、また台詞が多く、人間関係を把握するまで少しイライラしますが、全ての登場人物にカメラは優しく均等にスポットライトを当てます。そのカメラワーク・カット割がイライラを落ち着かせ、いつの間にか音と一体になっていく良質なドラマを演出します。

話としては、意味深なキャラクターが出てくるものの何もなかったり、奇想天外なことが起こるわけでもなく、ちょっとした出来事・小さな小さな喜怒哀楽の乱立だけです。ただそれだけです。ここを物足りなく思う人も多いかもしれません。

前編を通してカントリー音楽満載。あの時代、あの音楽、あの雰囲気を知る人であればまた別の楽しみ方があるのかもしれません。

普通に観てしまえば、これといって感想がない映画、というのが正直な感想です。

ただ、ラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」が現在も続いていることや、司会者が本物の番組で30年以上にわたり司会を務める原作者であったりと背景を知るとなんとなく温かみを感じます。

そして、ロバート・アルトマン監督、彼の遺作となったこと、彼が自分の死を知っていたことを考えると、全ての台詞・映画の雰囲気が意味深く浮かび上がってきます。それを味わうとポンと出て、じわ〜と染み渡っていく飲み物のようです。

■作品概要
題名/「今宵、フィッツジェラルド劇場で(原題:A Prairie Home Companion)」
2006/アメリカ/ムービーアイ エンタテインメント
監督/ ロバート・アルトマン
出演/ウディ・ハレルソン トミー・リー・ジョーンズ ケヴィン・クライン
リンジー・ローハン ヴァージニア・マドセン メリル・ストリープ ギャリソン・キーラー
会場/京都シネマ
ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場で、長年親しまれてきたラジオショウ「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の、最後の公開生放送が始まろうとしていた。私立探偵を気取った用心棒ノワール、名司会者キーラー、カントリーシンガーのヨランダとロンダのジョンソン姉妹、カウボーイソングデュオのダスティとレフティらが、次々と楽屋入りする。やがてショウが始まり、白いトレンチコートの美女が現れる……。
posted by 奥田圭太 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(3) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

同期会・・・

前職のエリア同期と久しぶりに集合しました。きっかけはそのうちの一人の退職です。思えばエリア同期のメンバーは・・・。

私:ご覧の通り、3年3ヶ月で退職して起業。
1:さっさと寿退社。今やいいママさんです。
2:最初に辞めると思っていたにもかかわらず最近転勤を経て(→コチラ)継続
3:さっさと転職。今や立派(?)なCA。
4:ついにこの度退職。今後の予定は今のところなし。

と、見事にバラバラちりじりです。

そんな入った経緯も今の境遇もバラバラなのに集まってしまうところが幸せです。特に私のように前職の同期を無碍にしていた人間にとっては奇跡と言ってもいいかもしれません。むしろ1とか3が退職してからのほうが会っているような気さえします。

境遇が違うというのは面白いことです。話題が共通の仕事ではないので話は広がりますし、自ずと下らない愚痴は減っていろんな視点から今の境遇を見据えることができます。話題に厚みが出ます。境遇が変わったからこその話もあります。

なんとなく今日の雰囲気からこの集まりは頻度が上がって定期的になりそうな予感がします。そうなってくると「同期会ではなく」何か別の集まりに昇華されるような気がします。ここまで来ると何の集まりと言ったらいいのやら・・・。
posted by 奥田圭太 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

「オフィス・ワン四条烏丸」完成披露出席

昨日、京都で初の分譲オフィス「オフィス・ワン四条烏丸」の完成披露式典・完成披露パーティにご招待いただき、出席してきました。

オフィス・ワン四条烏丸HP http://www.office1-kyoto.com/

完成披露式典後には内覧もしたのですが、最上階13階は東西南北全方位で京都の町並みがうかがえる眺望の良さです。祇園祭のときなどはとても綺麗に違いありません。

この分譲オフィスの特徴はハード面の充実と、そこに加わるソフト面の充実です。

(1)ハード面の充実
京都四条烏丸というビジネスのど真ん中。前方道路は京都市内にめずらしく両側通行(京都市内は主要幹線以外ほとんど一方通行です)。目の前には市営駐車場で自転車・バイク・自動車どれでも対応可能。阪急烏丸・市営地下鉄四条の2WAYアクセスで徒歩1分。当然光ファイバー対応でホテルライクなデザイン。

(2)ソフト面の充実
コンシェルジェ機能として販売代理店が常駐。困ったことがあればなんでもまずそこに言えばいい。もちろん24時間365日セキュリティ。更に入居している会計事務所・税理士事務所が経営・財務面のサポートを全力でしてくださるそうです。更にはSOHO機能も備えて、人財の育成も手がけられます。ここまで来ればただの分譲オフィスではなく、新しい事業モデルです。

完成披露パーティーではこの事業に取り組まれた社長様の強い想いが披露されました。その中で出てきた「ハードルの連続人生」がちょうど昨日の私の気分をふと軽くしてくれました。こんな成功している社長様でもハードルの連続だったんだ、それがあったから今の社長様があるんだ、だったら私の眼前に今あるこのハードルもそこに行くためなんだ・・・、と。また購入者代表の「一緒にいいビルにしていきましょう」という想いも心を打ちました。分譲ならではの交流や「自分たちが率先して」という想いが醸成されています。

ソフト面、特に最上階13階を使った新たな取り組みには、私たちバリュークリエイトも参画させていただくことになりました。4月からの新規事業も相乗効果があり、加速させることができそうです。発信基地を得て様々な取り組みが目に見える実としてご披露できる予感です。
posted by 奥田圭太 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じことを話す人

いろいろ複雑な問題が自分の中でクリアになったとき、思い切った決断をこめて、人に対峙することがよくあります。そのときには自分の強い思い、新たな関係性、思い切った行動を相手に伝えることになります。だからこそ、そのときのディスカッションは当然白熱します。

ところが、ある尊敬する社長様と対峙するときはこの関係が不思議と変化します。ほとんどディスカッションが起こらないのです。

多くの場合、どちらかが一方的に話して終わります。私が意を決して行ってもただ聞くだけになるときもあります。ですが、その対峙の多くが大成功に終わります。お互いの気持ちがスッキリして終わるのです。

どうも決断に至るタイミングが似通っているようです。もちろんその会社様のことが中心になるのでお互いが設定している課題は共通であることが多いです。その中で「何ができるか」を常に考えています。そして、そこから何かに至る「ふとした瞬間」とそのとき決めた「覚悟」が同じであることが多いのです。

ですので「こう言おう」と思って対峙したことの多くが、ただどちらから発せられるかだけなのです。聞くときはこっちが言おうと思ったことを聞くだけで「そうそう」「そうしてもらえると助かる」なのです。

この方と話すと物事はとても加速します。あとは行動に移すだけになるからとても気持ちが良いものです。
posted by 奥田圭太 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

京都東山花灯路

京都は東山花灯路の季節です。今年は3月10日(土)〜21日(水・祝)ですので終盤です。

時間がなかったので八坂神社から円山公園を大急ぎで回ってきてみました。彼岸前最後の寒さでしたが、その分、夜空の星(オリオン座がよく見えました)も綺麗でした。そこでぼわっと浮かぶ灯路です。

花灯路1.JPG 花灯路2.JPG

本当に全部を見て回ろうと思うと結構な距離です。お寺のライトアップや諸々のイベントも一緒に見て回るとかなり楽しめると思います。屋台も出ているのでアツアツの食事もしながら公園で一服しながら・・・人それぞれの楽しみ方があっていいと思います。

花灯路を見に行ったのですが、しだれ桜を中心としたライトアップのオンパレードでした。寒空の中、春の訪れを心待ちにしつつ、桜が満開になったら花見に回りたい風景を先取りした感じです。体感温度と頭に思い描く光景のギャップが不思議な感覚でした。

京都東山花灯路HP http://www.hanatouro.jp/index.html
posted by 奥田圭太 at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。