2007年02月16日

「人が足りない」は課題ではない

人が足りないというのはそもそも課題ではない。

これはある社長様がおっしゃっていた言葉です。この言葉を初めてお聞きしたときに勝手に自分なりのいろいろな解釈をして感銘を受けたのを今でもはっきりと覚えています。

確かに人手は少しでも多くあったほうがいいに決まっています。そういう意味では人手不足というものは永遠に発生するものです。それを課題設定として取り組むこと自体が、飽くことのなきものを飽くと信じているに過ぎない幻想であり、解決策はないのです。極論を言えば、それを課題にすることは他の課題をそのせいにして課題設定せずに逃げているだけなのです。

成長は、課題設定とその解決への取り組みの絶えざる繰り返しです。この「人が足りない」という課題設定は、逆に課題設定の放棄でもあるのです。

物理的課題として、人が本当に足りないのであれば、その段階で企業は崩壊しています。根幹的資源である人が足りていないのであれば成立さえもしないからです。維持できるはずがないのです。

しかし、組織というものは不思議(?)なもので崩壊しません。「あの人でこの企業は成り立っている」とさえ思われている人でも、いざいなくなってみると、それはそれで回ったりします。「人手不足」と嘆き続けていても企業は回っていたりします。人手不足の企業でも突然病欠者が出ても別につぶれたりしません。それはそれでなんとかなるものなのです。

人が足りないというのはそもそも課題ではない。これは人が足りないことが課題のひとつであることを否定するものではなく、そこに課題を置いていては物事が始まらないことを指す言葉だと思います。

経営判断として経営資源である、しかも根幹的資源のひとつである人がどの程度必要であるかを把握しておくことは最重要なことのひとつと言えるでしょう。ですが、それは投資判断であり、その足りないことを課題としていては何も改善・成長はされないのです。人が足りないことが課題なのではなく、ある課題を解決するために人的資源が必要なことがあり、それは投資判断をもってなされるのです。
posted by 奥田圭太 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ブログ談義

本日、仕事の関係で「ブログの話」をたくさんしました。それはこのブログの話ではなく、様々なホームページやブログのアクセス解析・アクセス数の推移を見ながらの意見交換でした。

そんな中でふと自分のこのブログについても振り返って思うことがありました。

昨日初めて1,000PV/日を達成したのですが、なんとなく個人の単なる私的ブログとしてはある程度飽和状態かな、と思うのです。当初のようにアクセス数が日に日に伸びるようなことはなく、更新頻度に関係なく訪問者数もPVも安定的に推移しています。そんな話を詳しい人(ホームページ制作の仕事をしている人)に話したら「ブログとしては十分すぎる」というお言葉をいただきました。googleの評価も3で安定。seesaaの内部ブログとしては(アクセス数を伸ばすことが目的のサイトは別として)十分形になったと思います。

なので

(1)もうPVとかはいいだろう!
以前から薄々思っていたのですが、ブログの成長という意味では十分体験することができました。ブログに興味を持って、いろいろ分析してみて、自分で実際にやってみて、こういう風に成長していくという過程は十分経験できました。もう、そういうブログとして追って行くのはやめにしようと思います。
このブログの今のアクセス数やページとしてのパワーがどの程度評価できるものなのかはド素人の私にはよくわかりません。これから先の価値は周りの人に教えてもらおうと思います。私個人でちまちまとやってきたブログ勉強はここまでにします。

(2)コミュニケーションしよう!
と、自身のブログが成長しているということは自分としても周りの方のご意見でも十分実感していますが、一方で「コメント数が少なすぎるんちゃうん!」と思っていたりします。
せっかく見知らぬ方にもたくさん見ていただいているのですから、ここで平身低頭してお願いしたい。
ご覧になっていただいている方!コミュニケーションしましょう!(内輪はいらんよ〜(笑))
ご意見・ご感想・ツッコミなんぞをどんどんコメント・メールで気軽にいただけると小躍りします。コメント・メール大歓迎です。是非、よしなに!

って、なんか最後は虚しくなってきたのでこの辺で終わります。
こんなこと書いていますが、何も変わらずこのブログは今後も続きます。

追伸:相互リンク等もお気軽にご相談ください。
posted by 奥田圭太 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有名人になりたい

なんて思ったこともありました。有名人になりたいと思っていたことがありました。小学生くらいの頃の憧れです。誰でもそう思ったことが一度くらいはあるのではないでしょうか。

ところが、最近、その気持ちが全く沸かないどころか、逆に有名人は大変だな、と思うことがありました。

起業してから偶然だとか引き合わせとか遊びとかである役者さんとご一緒することがあります。同じ時代を生きていることを感謝してしまうくらい大好きな年下の役者さんです。彼の目の輝き、溢れまくっている好奇心、謙虚さ、愛嬌と立ち居振る舞い・・・その全てにお会いするたびに感銘を受けています。ファッションなんぞは真似ようと秘かに思っていたりします。

そんな彼に先日偶然東京の劇場でお会いしました。トイレの前で出くわし「ああ〜、京都ではどうも〜」みたいな感じで挨拶を軽く交わしただけなのですが、帽子を取って挨拶する好青年にこちらも恐縮でした。とても清清しい気分でした。

しかし、その直後からヒソヒソと声が聞こえたのです。「やっぱり○○だよ〜」「言ったとおりでしょ!」「わあ、○○!」だとか・・・。以前にも同じような経験をしたことがあったので、「またか」と思う反面、それは当然の反応だわなと納得もできてしまいます。自分も芸能人を見かけたらそうだろうなと思うのです。

観劇中、彼は(もちろん帽子も取って)普通に着席していました。偶然私からよく見える席でした。私の隣の席の人からもヒソヒソ話が聞こえます。彼のことを見つけたのです。

自分の知らない人がずっと自分を見ている。

その環境でずっと過ごすのは大変だと思います。純粋に何かを楽しみに来ても誰かが自分を見ていたりするのです。落ち着く時間などあるのでしょうか。そのプレッシャーは想像もできないすごいものでしょう。

有名人には誰でも憧れる。でも、その代償にあの方たちも大変なものを背負っている。それは大きすぎる代償だと思う出来事でした。
posted by 奥田圭太 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

交通死亡事故多発警報

「交通死亡事故多発警報」というものがあります。

といっても、今日、大阪府高槻市にある企業様を訪問する京阪バスの車内で偶然耳にしたものです。一緒に行った後輩に「どういう警報なんだ??あまりに危険なにおいするだろ!?多発しているから警報なのか、これから可能性が高いから警報なのか?そんなとこ住めないだろ!」と突然テンション高く絡んでしまいました。

で、少し調べてみました。

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/kotsu/keihohatsureichu.html
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/kotsu/images/keiho.pdf

どうやら交通死亡事故が目標や例年に比べ増加している際に、住民にその事実を遍く伝え、交通ルールの遵守と交通マナーの実践を推進するという交通死亡事故抑制の緊急対策のことのようです。まさに今現在その警報が高槻市では発令されていて、様々なところでそれを伝え注意を促しているようです。

そして、この警報、大阪府だけのことではありません。検索をするだけでも簡単に全国都道府県・市町村が溢れんばかりに現れます。

この警報の根幹は周知にあることは言うまでもありません。ほんのちょっと耳に入ってくるものを気にするだけでも全然効果は違います。伝える側の伝える姿勢、耳にする側の聞き取る姿勢、それだけで意識というものは大きく変わるのでしょう。
posted by 奥田圭太 at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

小さくても第1号は格別の味

本日小さな小さな成果が上がりました。フォローをしてくださっていたお客様から成果報告の電話がついさっきかかってきました。

新規営業の一部コンサル、営業代行(販売代理店のようなもの)をさせていただいている会社様なのですが、ようやく目に見える形の成果が上がりました。紹介したお客様がこの会社様の商品を気に入って購入してくださり、継続的取引拡大が確約されたのです。

最初の購入額は金額にしてみればあまりにも小さくて、お客様への貢献もほとんどないかもしれません。それでも新たな取引としての扉が開け、今後にも可能性を実感できるものになりました。

そもそもバリュークリエイトとしてもこのサービスとしてお取引させていただいている最初のお客様でしたので、このサービスの今後の可能性についてはずっと気にかかっていました。そして、今日、このサービスにも価値があるのだと実感できました。ホッとしていますし、ものすごくはしゃぎたい気分でもあります。

「0→1」はとても大変ですが、価値と充実を確かに実感することができます。それはどんなに小さくても、どんなものでもその第一歩が始まりです。だからこそ、第一歩が踏み出されたときの喜びはひとしおです。

posted by 奥田圭太 at 18:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

豆乳ドーナツ

京都は錦市場に「こんなもんじゃ」という変わった名前のお店があります。京のとう富「藤野」の支店にあたる京豆腐が売られている人気店ですが、その中でもいつも行列をなしているのが「豆乳ドーナツ」です。

揚げたての小ぶりなドーナツが10個200円というお手ごろ価格で手に入ります。

no-title  no-title

一口サイズです。揚げたてなのでアツアツです。まわりがサクサクッとしていて、中はしっとりです。ほんのり自然の甘みが感じられて、砂糖やその他味つけは必要ありません。シンプルであっさりとしているので思わずどんどん口に運んでしまいます。

一度に揚げられる数が少ない(4個ずつじわじわと出来上がっていきます)のですぐに行列ができてしまうのが難点ですが、時間帯を選べば問題ありません。売り切れ御免、というタイプの売り方ではないので安心して錦市場の雰囲気を感じながら並ぶのも一興です。

京・錦市場「こんなもんじゃ」HP
http://www.kyotofu.co.jp/shop/monja/index.html

蛇足ですが、京豆腐やお揚げに加えて、豆乳ソフトクリームや豆乳クッキー、さらには何故か土産物として小物が置いていたりもするユニークなお店です。
posted by 奥田圭太 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成功と成立

成功と成立は厳格に区別されなければならない。

成立とは、物事が体裁を成して立った状態です。目標とされていた数字などといった形式的・客観的に把握できるものが達成されたことを言います。

しかし、そこには「情」が発生しません。あくまでも成立しているに過ぎないのです。仕事の忙しさに追われたり失敗を避けることが優先されてしまうと、その成立の向こう側は忘れ去られがちです。ですが、そこが失われてしまっては、わくわくすることもなければ興奮も感動もないのです。「何のために」が忘れ去られてしまうからです。

成功とは、目的の達成です。目的は必ずや人の心を動かすものであるはずです。その心を動かすものに共感できてこそ、関わる人が生まれ、相手側が生まれます。そして、目的の達成はそれ故に心を動かすものの達成なのですから、成功とは心動かすものなのです。

確かに経営判断としてどんなことをしてでもまず成立させることは責務です。しかし、成立を追うことでいっぱいいっぱいでは、成立で満足していては、やっている側も関わる人々も相手側にも何も与えることはできません。箱があって中身がないようなものです。そこには疲弊しか残りません。箱があるからこそ中身があるのですが、箱だけではそもそもの意味がないのです。中身を入れるために箱を作ったことを忘れては本末転倒です。

成立はあくまで必要条件です。その向こう側にあるもの、初心や目的をしっかりとそこに見据えてこそ心は動くのです。成立していても失敗であれば思い切り悔し涙を流せばいいのです。成功すれば思い切り嬉し涙を流せばいいのです。次への活力と次への期待とはそこから生まれるのです。
posted by 奥田圭太 at 15:33| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

アクティブ減

多くの人から非常に活動的だと思われているようです。いろいろなところを飛び回っているイメージを持っておられる人も少なくないようです。何にでもすぐに飛びつくとも思われていたりするようです。実際にもそんな状態のときが楽しいです。

ですが、最近の自分は「移動」という意味において極めてパッシブです。ほとんど同じようなエリアに通い、同じような場所で働いています。日中の移動もほとんどありません。これは過程の中で選択と集中で深堀りして取り組んでいるからでもあります。それはバリュークリエイトにとても安定を生んでいるのも確かです。私自身にも安楽を呼んでいるのも確かです。

とはいえ、とても鬱憤がたまってきました。さらに、危機感も募ってきました。なんとなく感度が下がっているような気がするのです。集まってくる情報に満足して、無駄な動きも多いけれども自分から取りに行く動きがなくなっているように思うのです。このままでは手元にあるもので満足してしまいそうな自分がいるのです。

選択と集中は確かにとても大切です。ですが、Kとは見解が一致したのですが、バリュークリエイトは安定という意味では一段落しました。このままではただの安定でなんとなくいい会社で終わってしまいます。もっと常におもしろいことでわくわくしているもので個人としても会社としてもい続けたいのです。

選択と集中。挑戦と拡散。これらの間を行き来し続けなければならない。どちらかに安寧していては新たな可能性にはつながっていかない。

予定通り3月になれば誰もがびっくりするくらいの休暇を取ります。その間に、ずっと回りたかったところ、ずっと会いたかった人たち、時間と距離の壁に阻まれていたこと、いろいろなところに片っ端から回って何かを感じ取りに行きたいと思います。滋賀にも行きます!旅行もします!そこにもあそこにも!
posted by 奥田圭太 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

古き遺産

大阪事務所にいないことが多いことやその他諸々の事情により、便宜上、郵便物は転送処理しています。お客様からのご指摘もあってそういう風にしたほうが円滑にやり取りができると判断して郵便局に相談に行き、転居届で代用できると教わりました。ちなみに来月には移転しますので、こういったややこしいことも終了します。

ですが、大阪事務所には郵送物がたまっていたりします。上記手続きをきちんとやっているためにポストを覗く習慣など全くないわけですから、よっぽどのきっかけがない限りチェックすることはありませんでした。今回、退去&移転に伴いチェックをしてもらったのですが、たくさん郵便物が出てきました。何故か転送処理されるものとされていないものがあったのです。理由はさっぱり分かりませんが困ったものです。

幸いにしてその多くは挨拶状のようなものばかりだったので問題はありませんでした。対応しなければいけないものは特になかったので本当にほっとしているところです。これにもし返答の必要なものや急ぎのものがあったらと思うとぞっとします。

さて、そんな郵便局に対する不満は置いておきまして、その郵便物の中に私が過去にお手伝いさせていただいた冊子が出てきました。それはある調査をしたものをまとめた冊子なのですが、自分のしたことがこうやって形になって返ってくると何か感慨深いものです。残念なことはその新鮮な喜びには古すぎる到着でしたが。

黄色で比較的大きな冊子。なかなか立派なものです。内容に興味を持った人がそばにいまして、今貸し出し中です。自分の携わったものを人が読んでいる、なんとなく懐かしい感じです。
posted by 奥田圭太 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

何年振りだよ、この動悸!

お取引先様の配慮で健康診断を受けさせていただくことになりました。来週なのですが結構ドキドキしています。

前職を退職して以来、病院という名のつくものに行くのは初めてではないかと思います。その間に無茶をしたりして多くの方から病院に行くように指摘されること数知れず、齢も加えていく中で健康診断を薦められることこれまた数知れず。多くの先人のアドバイスを受け流してきましたが、ようやく健康診断を受けることになりました。

思えば、サラリーマン時代は健康診断は当たり前のことでした。前職のルールでは、年に一度、誕生月の間に健康管理センターのような社内にある機関に診断に行ったものです。それが、退職後、全くその世界に近づけなかったのです。

なければならないものではない。かといって、あったほうがいいもの。さらに、やろうと思えばいつでもできること。この微妙な距離感は、結果的にはもっとも縁遠い関係なのかもしれません。こういうものこそ他人から機会を提供されたり強制されなければ得がたいものなのかもしれません。

今回はお取引先様のご好意です。心配してくださっていた多くの人からは「やっとか!」と喜んでいただいたり、「知らんぞ!」と脅されたりしています。健康に自信があるとは口が裂けても言えない私には、後者の言葉ばかりが頭の中をぐるぐると回り続けています。
posted by 奥田圭太 at 15:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。