2007年02月28日

業種・活動分野・紹介・・・

立命館大学産学協同アントレプレナー教育プログラムの受け入れ企業として加盟することになった(→コチラ)のですが、そのために立命館大学さんから提出をお願いされている書類を書いていました。そこに最も苦手とする項目ですが、当然求められるであろう項目がありました。

「業種」「活動分野」「自社紹介文」です。これはバリュークリエイトの活動が多岐に渡り、また事業重視ではなく「おもしろさ」重視であることから表現に窮しているものです。また、このブログを始めたきっかけ(→コチラとかコチラ)でもあります。

完成したものを企業概要としてここに残しておきます。

<業種>
経営コンサル・ファイナンスコンサル・営業支援・人財育成・採用コンサル・起業支援・学生支援 等 

<活動分野>
IPO直前直後のクライアントを中心に法人向けソリューションで多岐に渡る

<紹介>
私たちは「おもしろいこと」を求め続け、「おもしろいこと」にチャレンジし続けています。
特定の事業に縛られず、とにかくいろんなことをやってみる。それが価値に変わると信じています。ですから「おもしろい」と思うことからあなたの事業は始まります。

現在は法人様向けの「ヒト・モノ・カネ・情報」に関するあらゆるニーズに個別ソリューションを展開しています。単なるアドバイザーになるのではなく、プレイヤーとして参加し、組織をまとめあげていく過程を経営者様・従業員様と協業することでお客様の成長、自分自身の成長へとつなげています。

以上です。

また最近見つけたのですが、バリュークリエイトが様々な形で協業させているアールアンドディーアイスクエア株式会社様のHPでバリュークリエイトをこのようにご紹介いただいているので(→コチラ)転記させていただきます。

(有)バリュークリエイト
目的やニーズに応じて、具体的に立案・企画、最適なコーディネートを行う価値創造企業。「面白いこと」を求め続け、「面白いこと」にチャレンジし続けるおもしろ企業。

なかなか見事な表現をありがとうございます。
バリュークリエイトはこんな会社です。ですから、業種・事業はこれからもどんどん増えていきますし、実際すでに上記からは増えています。
posted by 奥田圭太 at 17:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 会社概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

4つのテーマで参加型セミナー&交流会同時開催

3月10日(土)に東京で面白いイベントがあります。東京の方でなくても参加する価値ありだと思います。私も京都から行きます。

キャらリア開設1周年記念「本当に成長したい人が議論しあう参加型セミナー」
http://www.carareer.net/event/carareer/index.php?vol=10

「社内キャリアアップ」「転職」「独立・起業」「女性」の4つのテーマで参加型セミナーが同時開催され、合流して大規模交流会が開かれます。各テーマに関心のある方、転職した人したい人、起業した人したい人・・・どんな方でも参加可能です。未来を見据える向上心溢れるビジネスパーソンたちの人脈ネットワークを広げるチャンスです。今ならまだ間に合いそうです。予定が空いているならまずは申し込んでおきましょう。
http://www.carareer.net/event/carareer/index.php?vol=10

講師の方もアップされました。
http://www.carareer.net/event/carareer/index.php?vol=10-1#b2

「独立・起業」は確信を持っておススメです。株式会社バリュークリエイトの三富さん登場です。以前にも何度かご登場いただいている弊社と同じ名前の会社さんです。今回はどんなセミナーをするかもなんとなくお聞きしています。これがかなりおもしろい!体感型でかなりおもしろい!ちょっとしたゲーム感覚で自己分析・自社分析できてバランス感覚が身につきそうです。株式会社バリュークリエイトさんは大手企業もクライアントとしてコンサル・人財育成・IR支援を行っておられます。研修や勉強会の実績も十分です。私個人としてもものすごく楽しみにしています。

「転職」のジョブダイレクト森さんもものすごく
ナイスガイだと複数の友人から聞いています。交流会でお話しするのがとても楽しみです。

素晴らしい講師の人との交流、そして意識の高い参加者さんとの交流、当日を楽しみにしています。

≪イベント告知ページ≫
http://www.carareer.net/event/carareer/index.php?vol=10
※こちらから、講師紹介ページや申込ページへアクセスできます。

●講師紹介ページ
http://www.carareer.net/event/carareer/index.php?vol=10-1#b2

●申込フォーム
https://www.carareer.net/event/form2.cgi?id=10
posted by 奥田圭太 at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

MONO「地獄でございます」

土田会話劇復活公演。久々に結末に向かっていくパワーを感じたMONO公演。箱の小ささも相重なって「MONOであること」を十二分に感じられた快作。

テーマは相も変わらず「関連性から現れる人間の本性」で、演出も相も変わらずの「会話劇」です。これに関しては従来から満足度の高いものだったのですが、今回は結末がきちんと立っていて、そこにつながっていく言葉の応酬、そこから明らかになっていく関係性、因果の奥深さ・・・そしてさらにそのために生まれてしまう新たな関連性が加速度を持っていてパワーを感じます。

前半の下ネタスタートには笑いも表面的、それが関連性の中で実のある笑いに変わり、中盤から関係性が明らかになる中で会話のテンポとパワーが加速していくのがたまりません。それがずしりと印象に残ります。

関係性が明らかになるまでの5人のキャラクターとその結果生まれた関連性による5人のキャラクターがきちんと上辺が剥ぎ取れて本性として演じ分けられています。

地獄というモチーフでしっかりと「因果」を奥深く掘り下げた快作です。題名のためのようなラストはいらないと思うものの、あえて演じられなかった結末への加速は、それこそ「因果」から逃げず立ち向かった作者の思いがこもっています。

MONOは共通のテーマを上質の会話劇で繰り返す。それはカクスコを思い出します。そして、じんわりとほっこりと、それでいて、はっとする瞬間を忘れさせないところが大好きです。

■公演内容
jigoku_flyer1.jpg
MONO第34回公演「地獄でございます」
作・演出・出演/土田英生
出演/水沼健 金替康博 尾方宣久 奥村康彦
会場/HEP HALL
日時/2007年2月25日(日) 14:00開演
料金/3,000円
posted by 奥田圭太 at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

健康診断結果通知書

先日も書いた(→コチラ)のですが、ようやく先週健康診断を受けてきました。そして、本日その結果を受け取りました。

「健康診断通知書」という仰々しい名前ながら紙ぺら一枚が手元にあります。

ご心配いただいていた結果ですが、本人もものすごく気にしていた結果ですが、なんてことはありませんでした。

身長体重に肥満度、血圧に肝機能、尿検査の糖・蛋白・潜血も異常ありません。X線も病的所見なしで、検査の範囲では今回は異常がなかったようです。

ただちょっと気になったのが・・・視力検査が微妙に引っかかっているようです。「基準範囲から少し外れていますが、日常生活に差し支えはありません。」と書かれています。眼鏡をかけて測ったので視力はばっちりなのですが、見えすぎているということでしょうか。矯正をもう少し弱くしたほうがいいということでしょうか。振り返ってみると、視力検査で看護婦さんに「当たったのでその数字にしておきます」と言われ、1.5にしたのが原因だと思います。

ともあれ、ドキドキしていた健康診断も終了。結果も問題なし。仕事も遊びも気兼ねなく思い切り楽しむぞ、と心新たにするいい機会でした。
posted by 奥田圭太 at 13:24| Comment(2) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

今日会える人

学生さんとお会いすることがよくあります。仕事関係で会うというよりも、仲良くなった学生さんが他の学生さんを紹介してくれて会っているうちに結構な人数になったのです。

そんな彼らと私の間には微妙な距離感があります。

「なんとなく気軽に誘ってはいけない・・・」

これは私が思っているのではなく、彼らの多くがそう思っているようです。彼らにとっては会社を経営する先輩、先輩というよりも社会人、それどころか偉い人と思っている人も少なくないようです。そういうこともあって「次元の低い誘いをしてはいけない」などと思っているそうです。「気軽に誘いや」と言っていますが効果はゼロのようです。どうしたものでしょうか。彼らと会うだけでも十分価値があるということがなかなか伝わらないのは残念なことです。

そんな学生さんのの一人と一昨日夕食をともにしました。彼もそう思っているそうです。ただ私と他の社会人(特に経営層)との違いを彼が教えてくれました。

「奥田さんは会いたいと思った日に会ってくれる」

確かに一昨日もその日に連絡がありお互いの時間を調整して夕食を一緒にすることになりました。ですが、お偉い人に会おうと思うと2週間後にアポイントを取るようなことが普通なのだそうです。私や私の周りの経営者は当日に会うことが決まったりすることが多いのですが、それは珍しいことだそうです。「今日どう?」とか「明日行くわ」は変わっていることだそうです。

周りの人は私のことを「とても忙しい人」と勝手に思っているようです。しかし実際は、その日の時間繰りやメリハリを工夫すればエリアが同じであればなんとでもなります。またそういう環境に身を置くことが大切だと思っています。これを強みとして生かすことを考えたいと思います。会いたいときに会えなきゃ価値がない。

単なる談笑や食事時間の共有は次元が低いと思っている人がいるかもしれません。しかし、話の内容よりもそういった時間を共有するということそのものが価値があり、そういったときにこそ新しい価値が生まれやすいということを知って欲しいと思います。

追記
そんな彼から昨日ふと話した内容が凄い効果があったと電話をいただきました。彼は一方的に感謝していますが、学生さんと話すことは何気なく通り過ぎたものを整理するきっかけをもらったり初心に帰れることもあって私も感謝しています。
posted by 奥田圭太 at 09:05| Comment(3) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

劇団☆新感線INOUEKABUKI「朧の森に棲む鬼」

言葉のからくりが奥深く練りこまれていて、演出も豪華で、初めて接する世界であれば驚嘆するに違いない作品。一方で新感線慣れというようなものを感じる自分のことを少しもったいなく思った作品。

シェイクスピア作品を下敷きにして内容としてよく作りこまれているホンでした。中島かずきさんの世界観変わらないままに言葉とストーリーのからくりをシェイクスピアのように追求していて非常に良くできていると感心をさせられます。

一方で新感線慣れというか、ついつい読めてしまう演出展開、戦いへのいつもの流れに飽きが来てしまっている自分にも気づきました。定型美やお約束と考えれば楽しめるのでしょうが、作品が新しくなってもいつも通りの演出に頭がぐわんぐわんするような喜びは感じられません。新たな出逢いに驚愕したり、喜べたりしないのです。舞台美術も素晴らしいのに、殺陣も凄まじいのに、ただ豪華になっていっているだけで何も変わらないというか。初めての人であれば(新鮮に楽しむことができれば)ぶったまげるほど面白いであろうに。

役者さんにしても素晴らしい人揃い。特に今回は古田新太さんが久々と言っては失礼ですがとても受ける格好いい役回り。この人を観るだけでも大満足できると思います。染五郎さんも歌舞伎としてのこだわりと立ち居振る舞いがそこかしこに融合していて最高の役を得たような活き活きさ。阿部サダヲさんはバリエーション豊富であらゆる角度を楽しめます。その他の役者さんも「さすが」というしかない素晴らしい演技。だからこそ、定型の演出と人数が増えたために各キャラクターが薄くなったのが忍ばれます。

ホンはとてもよくできています。しかし、それは主役三人(染五郎・阿部サダヲ・古田新太)と言葉のからくりのため。その他の役の薄さを嘆いたり豪華演出に慣れてしまっていては最後に「いつも通り」という感想が残ってしまいました。それだけ期待しているということでしょうが。

■公演内容
oboro.jpg
劇団☆新感線 INOUEKABUKI「朧の森に棲む鬼」
作/中島かずき
演出/いのうえひでのり
出演/市川染五郎 阿部サダヲ 秋山菜津子 真木よう子 高田聖子
    粟根まこと 小須田康人 田山涼成 古田新太
美術/堀尾幸男
会場/松竹座
日時/2007年2月22日(木) 18:00開演
料金/一等席 12,600円
posted by 奥田圭太 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターン受け入れ加盟

懇意にさせていただいている立命館大学の教学課の方とゆっくりお話をしていました。先日もその方のお招きで成果報告会にも参加してきた(→コチラ)のですが、お話の結果、バリュークリエイトも立命館大学産学協同アントレプレナー教育プログラムの受け入れ企業として加盟することになりました。

今度の夏にはバリュークリエイトに関心を持ったプログラム受講生がいれば受け入れる予定です。アントレプレナー精神を育んだ学生さんにお会いできるのを楽しみにしています。是非、教育プログラムを受講している学生さん、バリュークリエイトに興味を持ってください。

そんなバリュークリエイトは、以前にも告知しています(→コチラ)が、随時学生を受け入れようと思っています。興味のある学生は是非飛び込みに来てください。性別・立地は問わず、原則全員受け入れです。

やっていただくことは大きく分けて二つです。

(1)思い切りバリュークリエイトとして大きく企んでいること
これも以前に書きました(→コチラ)があるので、それを一緒になって、主体的にやって欲しいと思っています。企画内容を一度聞きに来てください。
(2)自分の経験したいこと・企画
やってみたいことは経験させてあげます。やってみたい企画がある人はバックアップします。バリュークリエイトは自ら生み出す集団です。そういう人にはいろいろな経験を積んで欲しいので、様々な企業とのやり取り、実際の実行、奥田の思いつき、仕組みづくり、勉強会の企画等、何でも絡んでもらいます。

興味が少しでもある方は一度ご連絡ください。ゆっくりお話しましょう。
posted by 奥田圭太 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

そうだ!散歩に行こう!

珍しくイライラする出来事が続いていまして、続くというかSPOT的に(半日集中的に)ドカッといっぺんにやってきまして、気分転換が必要でした。

思い切って午前中は何も考えないで済むように単純作業に没頭。飽きるまで他人様のために単純作業をしていました。さすがに単純作業でずっと続くわけもなく、気分転換にランチがてら散歩に出かけました。

ただ何も考えずぷらぷらと1時間ほど歩いて、ピザを食べてきました。街中なのですが、普段目に付かないものが目に飛び込んできたりと何故か新鮮な時間でした。

京都も暖かくなりました。日中は上着を着なくても十分ぽっかぽかです。春眠には早すぎるのかもしれませんが、お昼寝したい気分になったりまします。

京都情報ですが、梅の花も咲き始めています。寒さで観光を敬遠されていた方ももうそろそろ大丈夫だと思います。梅を観るのであれば京都御苑も北野天満宮も五分咲きまで来ているようです。3月に入ったら本当に過ごしやすく、陽気な日がやってくるのでしょう。梅観賞→桜観賞へと素晴らしい日々が待っています。

梅便り2007 http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/ume/

ほんのちょっとの散歩がものすごいいい気分転換になりました。切り替えたいときに切り替えられる環境にいることを喜ばしく思います。たまにはこんな日もある。すっきり。
posted by 奥田圭太 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

何かをきっかけに何かを続けるのはいいこと

応援している人にシニア・オン・デマンド吉田さんという人がいます。先日吉田さんが始めた新しいサービスのプレ提案に立ち会いました。提案相手は60代と70代の企業の重役さんです。

まずはサービスのご紹介。カタログギフト「プレジャーハンティング」です。
いわゆるカタログギフトにありがちな「モノ」ではなく、能楽や乗馬や染物や蕎麦打ちといった「体験」を選んでもらうギフトです。
「人生の幸せは、自分が何に時間を使い、その時間がどういう質のものかで変わってくると考えます。また、世の中には自分の知らない世界が無限に広がっています。その新しい世界へ一歩踏み出すきっかけを弊社の商品が提供できれば幸いです。」
そんな思いがこもった「やってみたかったこと」「こんなことができるのか」というプログラムを体験してもらい、新しい出逢いという心に残る「宝物」をプレゼントするものです。

サービスの中身だけを見ていると、もともと吉田さんが「自分の父へのギフト」として考えただけあって温もり溢れています。さらに「京都」というこだわり(伝統)も詰まっています。親御さんへのプレゼント、結婚式の両親へのお礼、団塊の世代の方の新しい趣味の発見、京都旅行のきっかけなどにいいのではないでしょうか。

さて、長くなりますが、商品のことはこれくらいにして、このとき大先輩であるお二人の話が私にはとても大きな感銘でした。

お二人とも「生きる」ということをしっかりと考えておられる。
そして、それがとても力強く、思いをしっかりと継続されている。

きちんと人生と自分を見つめ、目標を持っておられる。仕事とプライベートのバランスも考え、時間を作ってはひとつひとつ積み重ねておられる。趣味についてもきちんとライフワークと捉え、確実に続けておられる。これが元気の源なんだな、と強く納得させられました。自分もこの歳から何かを始めて継続していきたいと強く思わされました。

休みにはこれを!を作って継続!
まずは「プレジャーハンティング」を自分にプレゼントして「これ」を見つけてみるか・・・。

※カタログギフト「プレジャーハンティング」の詳細は下記。
シニア・オン・デマンドHP http://www.sond.jp
吉田さんのブログ http://sond.kyo2.jp/
posted by 奥田圭太 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

社会人・学生入り混じっての1周年記念パーティ無事開催

社会人・学生入り混じっての1周年記念パーティを昨日無事に開催することができました。完全なる単なる飲み会になってしまいましたが、参加してくださった方々ありがとうございました。

結構アウェイからスタートして気づいたら近くの人とやたらと仲良くなっちゃった、という感想の人が多かったです。みんな最初はアウェイです(笑)同じような思いを持った人が集まっているのですぐに仲良くなれるのがこの会のいいとこだと客観的に思います。今回は年齢も幅広く、格好も幅広く(←これが私の一番印象に残っている感想です)、1周年記念なのに何故か初参加者が半数を占め(←これが私の二番目に印象に残っている感想)、遠方から来てくださった方もいてなんとなく会の幅を感じることができました。

気づいたら1年。お祝いメールをくれたI君、ありがとう。思わず嬉しくて会でも言ってしまいました。会終了時にプレゼントをくれた参加者さんたち、ありがとうございました。早速昨晩いただきました。

さて、そんな「京都発!!勉強会!!」ですが、基本方針(→コチラ)に則って4月よりリニューアルしてお届けします。昨日のパーティでも予告したのでここでも宣言しておきます。

4月予定 実在の企業様をテーマにしたケーススタディ・ビジネスコンテスト
5月予定 バランスについて〜企業や個人のバランスが取れてるとは?〜
6月予定 起業・就職〜会社っていったいどう違うの?〜
7月予定 世界の縮図ゲームVol.3

皆さんのご参加を楽しみにしております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。