2007年01月31日

NODA MAP「ロープ」

千秋楽。二度目の観劇。初めてバルコニー席なるものを経験しました。

初見のときの感想は→コチラ
軽くコラムにしました→コチラ

初見のときと印象が違ったところのみを残しておこうと思います。

千秋楽だからというわけではないですが、ハプニングごとが何度も起こって本編とは違う笑いがそこかしこに生まれました。その中で宮沢りえさんだけがまっすぐに立ちすぎていて、後半に来る怒涛の落差を強烈にしていて観ていてとても苦しかったです。思わず「もうやめて!」と言いたくなったほどです。

宮沢りえさんのとりつかれたような演技に、お祭りムードは黙らされ、深い深い底に引き込んでいかれました。野田作品にしてはストーリーや言葉が分かりやすくて置いていかれる感覚がほとんどなかったため、二度観る必要があるのかと思っていました。そのため、始まってすぐは初めて観たときのストーリーを単純に追う感覚だったのですが、途中からとりつかれて引きずり沈めこまれたような感覚で、息を呑み続けました。

なにはともあれ、この作品をどこまで自身として吸収するかは観る側次第だと思います。

初見のときにこの作品に希望を見出すかどうかとても悩みました。ですが、今日観た主役二人の目映いばかりの輝き、それを信じてみたい、と思います。

■公演内容
NODA・MAP第12回公演「ロープ」
作・演出・出演/野田秀樹
出演/宮沢りえ 藤原竜也 渡辺えり子 橋本じゅん 宇梶剛士 三宅弘城
   松村武 中村まこと 明星真由美 明樂哲典 AKIRA
美術/堀尾幸男
衣装/ひびのこづえ
会場/Bunkamura シアターコクーン
日時/2007年1月31日(水) 14:00開演
料金/S席 9,500円
posted by 奥田圭太 at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京転換

東京に来ています。久々にお会いする方々、新たにご紹介いただいた方々、たくさんの再会と出逢いの機会です。昨日一日だけでもとても刺激的な方々に再会・出逢いました。

東京に来る目的のひとつは、集中していたことがひとつ終わったときに様々な分野の方々とお会いして今一度視野を広げなおすことです。どうしても何かに集中しだすとその成功が優先され、考えの幅や目指す方向の拡散性が制限されます。ですから、折を見て、ふっと一息ついて「ああ、こんな考えもあったな」「この人のこの言葉は何度聞いてもいいな」「この人のパワーを忘れてはいけないな」などと刺激を受ける方々にお会いして、半分仕事・半分プライベイトで「人」を通していろいろと見つめなおすことは貴重なことなのです。「おもしろいこと」に対するわくかくが再燃するのです。

今回も半分仕事・半分プライベイトです。その狭間を揺れ動きながらバリュークリエイトのことや自分の生活のことを改めて考えています。

わくわくが再燃する時間が続いています。やろうと思いながら置いていたことに申し訳なくなってきています。目指していた姿を思い出したりもしました。「京都発!!勉強会!!」のネタができたりもしています。ビジネスの可能性も広がったりしています。「おもしろいこと」「おもしろいすがた」「おもしろいかたち」顔を上げて前を向きなおしたら溢れています。やりたい!その想いが爆発しそうです。

今晩はRTCカンファレンスに久々に参加します。参加される方々、お気軽にお声かけくださいませ。今日もたくさんの再会・出逢いに気持ちが昂ぶっています。

posted by 奥田圭太 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。