2007年01月05日

立ち上がりはとても重要である

本日は新年の挨拶に来られる方、会社からのお年賀メールが来られる方がとても多い日でした。おそらく、昨日、本日、そして週明けの9日が仕事始めという会社様がほとんどではないでしょうか。

立ち上がりはとても重要だと思います。

特に昨日・本日が初日という方は、すぐに三連休であることもあってまだまだ気の緩みが「休みボケ」という単語で誤魔化されていないでしょうか。昨年のことを思い出し思い出し仕事のペースをつかもうとしている人も多いのではないでしょうか。ですが、いかに早くトップスピードに乗れるかが、その人のトータルの仕事を表してしまうように感じます。

これは一年スパンのように考えましたが、毎週毎週のことでも同じです。月曜日が週初ということで立ち上がりが遅い人は、気づいたら金曜日で立ち上がってから何もできなかった、となりがちです。そしてなんとなく充実感のないまま一週間が終わってしまうのです。

もちろん一日一日でも同じです。

最近、朝に温泉に入る人で賑わっている所があるというニュースを見ました。そこに集まる人は「朝からトップギアに入れることができる」「眠気をスッキリさせてから仕事に入るとその日が全く違う」「朝一番が早く切り替わるととても充実した日になる」ということを求めて来ておられるそうです。アメリカではブレックファーストミーティングといって、朝早くに頭を動かすことで効率を上げるということもあるようです。誰か著名な方が「できる人は朝の時間を大切にする」と断言していたことも記憶の片隅にあります。

今日という日はとても大切です。今日なんとなく終わった人と、今日を意識した人では来週からの、そして今月の、そして今年の充実度が全然違うと思います。

立ち上がりは重要です。そして、いち早く立上げ、トップスピードでギリギリまで走りきったときに充実感があると思うのです。
posted by 奥田圭太 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。