2007年01月31日

NODA MAP「ロープ」

千秋楽。二度目の観劇。初めてバルコニー席なるものを経験しました。

初見のときの感想は→コチラ
軽くコラムにしました→コチラ

初見のときと印象が違ったところのみを残しておこうと思います。

千秋楽だからというわけではないですが、ハプニングごとが何度も起こって本編とは違う笑いがそこかしこに生まれました。その中で宮沢りえさんだけがまっすぐに立ちすぎていて、後半に来る怒涛の落差を強烈にしていて観ていてとても苦しかったです。思わず「もうやめて!」と言いたくなったほどです。

宮沢りえさんのとりつかれたような演技に、お祭りムードは黙らされ、深い深い底に引き込んでいかれました。野田作品にしてはストーリーや言葉が分かりやすくて置いていかれる感覚がほとんどなかったため、二度観る必要があるのかと思っていました。そのため、始まってすぐは初めて観たときのストーリーを単純に追う感覚だったのですが、途中からとりつかれて引きずり沈めこまれたような感覚で、息を呑み続けました。

なにはともあれ、この作品をどこまで自身として吸収するかは観る側次第だと思います。

初見のときにこの作品に希望を見出すかどうかとても悩みました。ですが、今日観た主役二人の目映いばかりの輝き、それを信じてみたい、と思います。

■公演内容
NODA・MAP第12回公演「ロープ」
作・演出・出演/野田秀樹
出演/宮沢りえ 藤原竜也 渡辺えり子 橋本じゅん 宇梶剛士 三宅弘城
   松村武 中村まこと 明星真由美 明樂哲典 AKIRA
美術/堀尾幸男
衣装/ひびのこづえ
会場/Bunkamura シアターコクーン
日時/2007年1月31日(水) 14:00開演
料金/S席 9,500円
posted by 奥田圭太 at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京転換

東京に来ています。久々にお会いする方々、新たにご紹介いただいた方々、たくさんの再会と出逢いの機会です。昨日一日だけでもとても刺激的な方々に再会・出逢いました。

東京に来る目的のひとつは、集中していたことがひとつ終わったときに様々な分野の方々とお会いして今一度視野を広げなおすことです。どうしても何かに集中しだすとその成功が優先され、考えの幅や目指す方向の拡散性が制限されます。ですから、折を見て、ふっと一息ついて「ああ、こんな考えもあったな」「この人のこの言葉は何度聞いてもいいな」「この人のパワーを忘れてはいけないな」などと刺激を受ける方々にお会いして、半分仕事・半分プライベイトで「人」を通していろいろと見つめなおすことは貴重なことなのです。「おもしろいこと」に対するわくかくが再燃するのです。

今回も半分仕事・半分プライベイトです。その狭間を揺れ動きながらバリュークリエイトのことや自分の生活のことを改めて考えています。

わくわくが再燃する時間が続いています。やろうと思いながら置いていたことに申し訳なくなってきています。目指していた姿を思い出したりもしました。「京都発!!勉強会!!」のネタができたりもしています。ビジネスの可能性も広がったりしています。「おもしろいこと」「おもしろいすがた」「おもしろいかたち」顔を上げて前を向きなおしたら溢れています。やりたい!その想いが爆発しそうです。

今晩はRTCカンファレンスに久々に参加します。参加される方々、お気軽にお声かけくださいませ。今日もたくさんの再会・出逢いに気持ちが昂ぶっています。

posted by 奥田圭太 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

アルバイト募集(未決定分)

まだまだ試案ですが、4月くらいから開始のアルバイト募集をしようかと思っています。対象は学生または定職に就いていない方です。

今まで学生の方たちをインターンシップと称してSPOT的なことや彼らが興味あることにチャレンジしてきましたが、バリュークリエイトとして取り組みたいことが出てきたので、一新してアルバイト募集に切り替えたいと思います。なので、今までのような好きなことをやってもらうというよりは一緒に働いてもらう(目的を共有してもらう)ことになります。

やろうと思っていることは簡単に言うと、学生ベンチャーのプラットフォームみたいなものを作りたいなと思っています。学生ベンチャーを志す人たち、あるいはすでに立ち上げた人たち!個別にやってないでみんなで相乗効果を考えませんか??というものです。

そのプラットフォームを作るために、学生時代にたくさんのことを経験したい人、起業家を目指す学生や今定職に就いていない人、その他チャレンジ精神に溢れる人、アルバイトでやってみませんか??月額固定と成功報酬(成功といっても収益ではなく進捗です)とかで考えていますがどうでしょう?

興味のある人はメールとかもらえると助かります。アルバイト料については皆さんからご意見をいただいて、一番いい形にするつもりです。

かなり具体化しています。ある学生ベンチャーの人たちからGOが出れば一気に立ち上げに進みます。大きめの投資も考えています。

バリュークリエイトで働いてみたい人、がむしゃらに何かにチャレンジしたい人、学生ベンチャーというキーワードに何かを感じた人、まずは意見交換する時間をいただけると幸いです。

※補足
ご意見いただいたので補足。年齢性別問いません。居住エリアも問いません。
posted by 奥田圭太 at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

「マリー・アントワネット」

歴史映画としての壮大さや史実性を求めて観ては、大きな肩透かしを食らう作品。

まずは題字が出るまでのオープニング。この瞬間で好き嫌いが大きく分かれてしまうかもしれません。流れ出る時代にまったくそぐわない音の嵐です。映像についてもキュートでポップなものが溢れかえっています。キルスティン・ダンストがそのキュートでポップなものの象徴としてとても可愛らしくスクリーンいっぱいに広がります。

ただ、作品全体としてはやや詰め込みすぎでキレを欠いていたように思います。長い時間を経過する物語を、キュートでポップなものに仕上げるために尺を長くできなかったのでしょうが、それが逆にキュートでポップなものに欠かせないキレを失わせていたのではないでしょうか。

物語は、周りのしがらみによって進まなければいけない運命を定められてしまっている中で立ち続けている一人の女性の生き方です。マリーアントワネットが言ってもいない言葉(ゴシップ)に民衆が踊らされたのも事実、マリーアントワネットが国を揺り動かすほどの浪費家だったのも事実。歴史評論家の人たちからすればどちら側に立つかで賛否両論分かれそうですが、史実という視点を捨てればもう少し素直に受け止めることができるように思います。

最後は終わって欲しいところで終わったように思います。あのまま歴史的結末を映し出されても意味は何もなかったのですから。一人の女性を点と点で美しく切り取ることが監督の意図であったとするならば、とてもわかりやすいエンディングでした。

■作品概要
題名/「マリー・アントワネット(原題:Marie Antoinette)」
2006/アメリカ/東宝東和・東北新社
監督・脚本/ソフィア・コッポラ
出演/キルスティン・ダンスト ジェイソン・シュワルツ ジュディ・デイヴィス
会場/MOVIX京都
オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。
posted by 奥田圭太 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(4) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

他人が褒められて嬉しくなる

褒められることはとても嬉しい。これは誰でもそうだと思います。褒められて育つタイプの人はなおのこと嬉しいことだと思います。私もそういうタイプだと思っていますので、褒められることは大好きです。

では、他人が褒められるのはどうか。

どうでもいいこと。という人が大半ではないでしょうか。私もそうでした。それが今、変化をしてきました。バリュークリエイトのパートナーたちが褒められるのがとても嬉しいのです。

最近、自慢話ができるとすれば「バリュークリエイトのパートナーたちが思いもしない人たちから褒められる」経験を何度もしているのです。褒められているところに出くわすということではなく、私に直接パートナーを褒めてくださる人が増えているのです。

「なんだ、彼は奥田君の仲間だったのか!彼はいいよ!」だとか、少し紹介して会話してもらうと「いい仲間にめぐり合っているね」だとか、「最近彼の目つきが変わったよ。いい。」だとか「あの人の話は分かりやすい」だとか・・・。

自分が褒められるよりも嬉しく思えることが不思議な感覚です。

もちろん自分も褒めて欲しい。そして、バリュークリエイトのパートナーたちのことも褒めて欲しい。褒められて育つバリュークリエイトと勝手に思っております。
posted by 奥田圭太 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

本気の眼

誰だか忘れましたが、ある友人が「メヂカラ(眼力)」という言葉が好きだと言っていたことがありました。ブームだったのか、彼の辿り着いた先かは分かりませんが、当時の彼はその言葉に相当の確信を持っていたように思います。それに感化されて、私も「メヂカラ」という言葉・響きが好きになりました。

目は口ほどにものを言う。目の色が変わる。目は人の眼。目は心の窓(鏡)。などなどことわざにも目がいかにその人を表すかといったものもずらりと並んでいます。魅力的な人は瞳が素敵であるというのはよく聞くので、多くの人の中で目が重要な要素のひとつであることは間違いないことでしょう。

そして、その目は生まれ持ってのものだけでなく、その人の気持ちが大きく反映されているということはまた確かでしょう。

大きな課題に立ち向かっている方が私の周りにたくさんいます。その中でもある二人の方の眼は今、出会ってからでも一番輝いているように思います。本気になった、覚悟を決めた、のが手に取るように分かります。

そして、眼が変わったとき、行動も大きく変わっています。スピード・パワー・・・あらゆるものが大きく向上しています。そして、その力は大きくなり、周りにも大きな影響を及ぼすようになっています。これがまさに「メヂカラ」なのでしょうか。

その二人とできるだけ接するように心がけています。「メヂカラ」のある人と接しているとこちらにまでチカラが沸いてきます。そして、自分も「メヂカラ」を備えて、次はお返しする番になりたいものです。

posted by 奥田圭太 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

中途半端はいかんのは当然

昨日は大先輩方にお会いして、自分の今やっていることや映画「はんなり」についてお話させていただく機会をいただきました。

その中で今後について大きなアドバイスをいただきました。可能性が広がりかつ実現可能性も十分イメージさせていただけるものを二つ提示していただいたのですが、その中で痛感したことは大きな反省です。

一つ目のほうは成否がすぐに出る、さっくとやるものです。ただし、否が出た瞬間にストップです。しかし白黒がはっきりするという点でとても有効なことです。

一方、二つ目のほうは気力体力も時間もかかります。どっぷりつかってやるものです。成否はなかなか出ませんが、大きな可能性もあれば実現可能性も十分にあります。もちろん課題もたくさんありますが乗り切れないものではありません。自分がそこにどっぷりつかるかどうかの決断だけです。

中途半端はいけない。

まさに当然の原点です。たくさんのことをやるのもいいことですが、それにおいても中途半端はいけません。さっと関わるのか、とことん関わるのか。そこを明確に決せず、その間にいては何も成し遂げることはできない。

もちろんこれからも「おもしろいこと」にたくさん取り組むつもりです。その姿勢は変わりません。ひとつのこと「だけ」ということは私の生き方ではありません。ですが、それら全てに中途半端にならず、やるならやる、そして、さっとかとことんかをはっきりする。それがたくさんの「おもしろいこと」に対する誠意です。

最近は原点を今一度思い出す機会が多いように思います。起業して1年半を過ぎて、流し始めてしまっているものもあるのかととても反省しています。
posted by 奥田圭太 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

お部屋探しと想像力

土曜日にお部屋探しに「京都で賃貸マンション探しといえばここ」グッドライフに行ってきました。

今まで経験したことのない少し広めのお部屋を探そうと思って相談に行ったのですが、思わぬ壁にぶつかりました。実際に物件を見てみると当初思っていた条件がことごとく崩れ落ちていくのです。条件を備えた物件がないということではなく、自分が言い出した条件なのに実際にその条件を備えたものを見てみると自分の想像していたものをかなえるための条件がそれではないと痛感するのです。

想像できないものを想像した気で考えたところで効果は極めて薄い。

広い部屋がいいなと思っていましたが10畳を超えると広すぎて逆に使いにくい、南向きにこだわっていても複数採光であれば方角関係なくとても明るくていい、間取りで決めようと思ってもまわりの建物や部屋の柱で同じ間取りでも生活感はまったく違う・・・。実際に見ることで、自分がしたい生活にはこういう条件なのだと分かってきます。連続投稿になりますが、条件が先ではなく、生活があってそれをかなえるものが条件にならなければならないのです。条件から検索していては辿り着けないのです。

見たことがあったり経験したことがあれば想像ができます。しかし、まったく想像できないものを無理に想像するとその想像は逆効果になり得ます。それよりもまずは想像できるようになることがとても大切だとわかりました。そのためには現場を見る、経験する当たり前の基本が必要なのです。何事もやはり原点に立ち返るものです。

長時間親身に付き合っていただき、本当の条件ができました。担当のKさんはもちろん、それ以外にT店長にもSさんにもいろいろと助けていただきました。私のわがままに振り回されても最後まで笑顔、むしろこちらを心配していただいた状態です。感謝。
posted by 奥田圭太 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずは生活だ!

あえてこの時期に就職活動に関するコラム(→過去分はコチラ)を復活。就活・シューカツとかもキーワードに残しておきましょう。

就職先を決するまず最初は「生活だ」と確信に至りました。

就職活動で大切なことは「自己分析」「業界研究」などとよく言われます。「自己分析」ができていなければ研究すべき業界も決まらないというのであれば就職活動は「自己分析」から始まると言われるのはよくあることです。就職活動する人に簡単にアドバイスする方法は「自分を知れ」とか「自己分析しろ」なのでしょう。

ですが、そもそも自分の何を分析すればいいのでしょうか。

私はこんな性格である、私はこんな仕事をしたい、こういう傾向がある、きっとこういう職種に向いている・・・、そんなことを簡単に確信するのはまず無理です。多くの人からアドバイスしてもらっても、それが客観的だと言われてもその人から見てである以上主観であり、確信に至るのは困難で、信じるしかないというところでしょうか。何よりも自分であがき、葛藤に葛藤を重ね、何かに辿り着く、ということが大切なことのように思われます。それは確信である必要はないように思います。

話が逸れましたが、それではせめて何を考えるのでしょうか。

それは「自分がどう生活したいか」だと思われます。

「したい」である以上、したいことはたくさん出てくると思います。しかし「生活」となったときにそれはとてもリアルになります。したいことが実現していることを想像したとき、おそらくそのために他のしたいが妨げられることがたくさん出てきます。他のしたいがすべて実現しなくてもそのしたいが実現して欲しいのか。その生活は自分にとって生きている実感があるか。その仕事をしている自分がリアルであるかよりも、その仕事に就いたことによって生活にどういう影響があるかです。自分が生活している姿を少しずつ少しずつリアルにしていければ、絶対に譲れないものが見えてきます。絶対譲れないものを守るために他のものを捨て去ることができるようになります。

働くとは「社会で自分が生きる」ということです。

だからこそ「仕事(業種・職種)」のことを考えるよりもまずは自分はどういう「生き方」をしたいかが先なのです。その価値観が明確になれば、その価値観を会社・業種・職種に問えば、自己分析も業種研究も容易になるでしょう。仕事にこだわっても生活が乱れれば仕事など成立しないのです。仕事はあくまで生活の一部に過ぎないのです。だからまずは、そして最後は「生活」なのです。
posted by 奥田圭太 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

社会人・学生入り混じっての1周年記念パーティ

2月17日に1周年記念パーティを開催いたします。

2月19日に「京都発!!勉強会!!」が無事1周年を迎えます。
手探り手探りで想いだけで突っ走ってきた1年でしたがなんとか形になりました。今後の基本方針等も参加者の方々としっかりと話し合い、心新たに今後も継続することを決定しました。

そこで、1周年を記念して、今までしなかった飲食をしながらのパーティ形式の交流会を開催します。

当日は形式ばったプログラムは予定していません。ご自由に意見交換あり名刺交換なりをしてください。特にこの4月から就職する人には最後の職場以外の人脈形成のチャンスであり、これから就職活動をする人には様々な業種に就く人・内定者に会うチャンスです。

先着順で30名程度、あるいは2月上旬の時点で締め切ります。お申し込みはお早めに。

■イベント概要
社会人・学生入り混じっての1周年記念パーティ
日時  2007年2月17日(土) 19:00〜 
会場  京都市内(三条四条界隈)
参加費 未定(食費実費。社会人学生で比率考えます。)
参加人数制限は原則先着順で30名程度。
2月上旬に締め切ります。申し込み人数によってお店を予約しますのでお早めにお申し込みください。そのときに参加費等も決定いたします。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。