2006年12月18日

真心ブラザーズとサンボマスター

寒い寒い日に熱い熱いライブに行ってしまいました。会場超満員。遅れて行っては中に入るのさえも大変かとさえ思えるお客さんの入りとむんむんとした熱気でした。

サンボマスター
ださい、不細工、不器用、それの何が悪い。心と生きるエネルギーに偽りなく漲っていてかっこいいではないか。そんなサンボマスターでした。その歌は胃袋と肺のちょうどど真ん中、鳩尾にガンガン響いてきました。(真心が目当てでしたが)眩暈がするようなそのビートにただ惚れ惚れするだけでした。いい男だ!

真心ブラザーズ
王道。どちらかというとフォーク調から入って、気持ちよくロックに会場を躍らせる。サンボマスターほどの荒削りによる圧倒的唯一無二感(誤解を承知で言うならば旬ということか)はなかったものの、その人気と底力は健在。個人的には昨年のライジングサンの素晴らしさがどうしても忘れられませんでしたが、そのあとに続く序章としては満足できました。

世界選抜バンド(特別:真心&サンボ)
特別感満点のコラボ。小さい小さいと思っていた山口さん(サンボVo)が真心と並ぶと強烈に小さいことに少し笑ってしまいましたが、その一緒にできることが心底嬉しそうな表情は、この世界選抜バンドのまとまりを生み、観客を一体にする原動力となっていました。これは特別だけでなく、このバンドそのもので成立している出来でした。何かやって欲しいものです。

寒い冬にこういったライブに行くと、帰りの汗が引いていく感じがとてもつらいです。やっぱりライブは夏っしょ!汗だくっしょ!と思いつつ、今日だけはこんな12月もいいかなと思ったのでした。

追伸
ライブのビートというものはなかなか興奮冷めやまないもので、乱れた文章・汚らしい言葉になりがちですが、あえてそのまま残しております。

■公演内容
真心ブラザーズとサンボマスター
「第1回年忘れ!2006 世界ロック選抜 大阪大会」
出演/真心ブラザーズ サンボマスター
会場/ミナミアメリカ村 BIGCAT
日時/2006年12月18日(月)19:00開演
料金/4,500円(1ドリンク別)
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第8回「京都発!!勉強会!!」議事録

第8回勉強会の議事録を作成しました。
下記のPDFをご覧ください。

第8回議事録.pdf

白熱バトルでした。「このゲームはアミューズなんかじゃない、これこそビジネスの縮図だ!」と言ってもらえたのが嬉しかったです。社会人も学生も入り混じっての企画、毎回私自身も楽しませてもらっています。今回は自己紹介に少し工夫も加えてみて、チームの結束も今まで以上に良かったと思います。毎回少しでもその前よりもよくなるように頑張ってます。ご意見・ご感想はお気軽に私宛にくださいませ。

会直後の率直な私の感想は→コチラ

第9回は未定です。早急に打ち合わせをして発表いたします。
またこちらでご連絡いたします。皆さん、お気軽にご参加ください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。