2006年12月09日

「硫黄島からの手紙」

まさに映画という映画でした。劇場で観なくてはいけません。

という第1部である「父親たちの星条旗」と同じ感想がまず出てきます。同じくらいの戦場リアリティでした。映画表現力に本当に感服します。特に「父親たちの星条旗」と違って戦場のシーンがメインになることからよりその体感映画としての時間は長くなり、そのすごさが実感できます。脚本もよくできていて言葉遊びや伏線も十分です。

「父親たちの星条旗」との違いはメッセージ性の弱さでしょうか。
クリント・イーストウッド監督をはじめとする制作側のその多くを占めるアメリカ人が「日本」というものに多大なる敬意と神秘性への期待を持っておられるのか、日本人を美しく描くためにメッセージ性よりも人物像を重要視しているように思われます。日本から見た戦争、というよりもアメリカ人から観た日本人というものが色濃く出ています。「父親たちの星条旗」での「英雄はなるものではなく、必要に応じて(まさに政治的に)創られるものである」という痛烈なメッセージの裏返しのように登場人物(日本人)がヒーローもののように肉付けされているように感じました。とはいえ、物語の中でしっかりと背景を持った登場人物たちの説得力はさすがと言えます。

役者さんたちは皆素晴らしかったです。二宮さんなんかは終始「帰りたい」という想いが溢れきっていました。家族の為に死ぬ覚悟と家族の為に生きて帰りたい想いの矛盾を孕んだ役者さんたちは胸を突く迫力でした。

登場人物の誰にでも感情移入しようと思えばできる、入り込みやすい映画。そこに物語としての脚本の巧さと戦争のリアルという映画表現力の大きな力が加わって良質な映画に仕上がっています。

■作品概要
iwou.jpg
題名/「硫黄島からの手紙(原題:Letters From Iwo Jima)」
2006/アメリカ/141分/ワーナーブラザーズ
監督/クリント・イーストウッド
出演/渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 加瀬亮 中村獅童
会場/MOVIX京都
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷ら兵士たちは希望を見出す。だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
[出演] 渡辺謙
[レーベル] ワーナー・ホーム・ビデオ
[監督] クリント・イ..
>>Seesaa ショッピングで買う

父親たちの星条旗 (特別版)父親たちの星条旗 (特別版)
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 父親たちの星条旗 (特別版)
[出演] ライアン・フィリップ
[レーベル] ワーナー・ホーム・ビデオ
[監督] クリント・イ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 奥田圭太 at 22:56| Comment(2) | TrackBack(7) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀行員の性

私の前職は銀行員です。前回、サラリーマンとしての性をご案内しましたが、もちろん職業特有の性も残るものです。

そのひとつが「照合」という行為です。

思わず今日、当たり前のようにやっている自分に気づきました。そして、考えてみるとそれは銀行員として身につけたものでした。

今の仕事になってから大量の資料を読み込むということは少なくありません。同じような資料をひたすら見ている時間があります。あるいはお客様から提示された資料をそのまま目を通していることももちろんあります。そんなとき、作業だけになりがちです。悪く言うとただ見ているだけになりうるのです。

そんなとき、私は「照合」という行為をします。これは銀行で言うところの「フラッシュ照合」です。

同じ資料が紛れ込む可能性の大きいこの作業において、気になった段階で照合を行うのです。この行為により、資料間の違い、あるいはミスプリントがすぐにわかります。

具体的に作業のご紹介をします。銀行の印鑑照合はいまや機械作業、電子上で行われます。ですが、アナログにおいてはフラッシュバック現象を用います。つまり、比較対象を重ね、高速で動かす中で「違和感」「ちらつき」というものを把握するのです。全く同じものを重ねて、上の紙を高速でちらつかせたとき、全く同じものであれば違和感がありません。違うところは違うわけですからスポット的に動きがある、ちらつきがあるのです。興味のある方は実現して差し上げます。

これは本来印鑑照合でかねてより用いられてきた処方です。ですが、同じものの中でおかしなものを見つけるとき、非常に有効的です。もちろんプリントという面において比較する際に有用なのですが、それ以外にも違和感という感覚は極めて重要です。これはつぶさに見るというよりも作業としてしまうことで浮かび上がらせるほうが効果的です。

「照合」という感覚は、作業に始まり、それは違和感という感覚のもとに経験則とされるのです。新札印刷のチェックをするおばちゃんがプロフェッショナルといわれるように。

違和感というものはとても大切です。ただの作業にならないために極めて重要です。そして、そこから違和感をそのまま流さないですぐに行動に移せることがさらに当たり前のこととして重要なのです。
posted by 奥田圭太 at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。