2006年12月06日

阿佐ヶ谷スパイダース「イヌの日」

答えの出ない異常行為に潜むひとつの可能性を提示しようとした作品でした。

初演未見。監禁という犯罪を中心にして、それを取り巻く「異常」と言われかねない人々が愛情持って描かれていました。登場人物全員がそれぞれ答えの出ないものに自分なりの答えを出そうと、あるいはその答えを誤魔化し続けようと自問自答を繰り返している直向な姿が痛烈です。行為そのものは異常性を帯びていてもその根底にそれぞれ誰かに対する強すぎる愛情が流れていました。2時間45分一本勝負ながら長くは感じさせない濃度のある内容で満足できました。

子役(というか子供のまま育ってしまったような大人)4人の力には疑問があったものの、そこに八嶋さんが加わることで素晴らしい勢いを備えていましたし、笑いと涙を一気に巻き込んでいく力は圧巻です。八嶋さん、大堀さん、村岡さん、長塚さんで引っ張っていく中で伊達さんが賛否両論を生むであろう一人だけ浮いてしまった役を熱演していました。私個人的には今回の伊達さんはかなり良かったと思います。初演は知りませんが、今回のキャラクターは非常にわかりやすく愛すべきものでした。

全体的に濃度があって良かったです。長塚作品にしては登場人物一人ひとりがわかりやすかった感が強いので、初演のものを相当書き直したのだろう(あるいは背景をきちんと備えたのであろう)と思っています。作りこめる作家さんなのだから毎回作りこんで欲しいと長塚作品はあたりはずれが大きいと思っている私は強く願うのでした。

■公演内容
阿佐ヶ谷スパイダースPRESENTS 「イヌの日」
作・演出・出演/長塚圭史
出演/内田滋 剣持たまき 八嶋智人 大堀こういち 村岡希美
    玉置孝匡 松浦和香子 中山祐一朗 伊達暁 美保純 
会場/シアター・ドラマシティ
日時/2006年12月6日(水) 19:00開演
料金/5,800円
posted by 奥田圭太 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次なる世代への可能性

ここ数日で仲良くさせていただいている社長様たちの息子さん3名にお会いしました。

忘年会の席でご紹介いただいたり、忘年会も踏まえてご家族でお食事にお招きいただいたり、忘年会のあと合流させていただいたりと忘年会絡みでしたが、息子さんたちにお会いすることができました。私の年齢もあってか、多くのオーナー企業の社長様に「自分の息子に会ってほしい。」「息子から話を聞いて欲しい」「息子にいろいろ教えてやって欲しい」というご依頼をよくいただきます。

(1)同世代として話が合うのではないか。自分では世代が違って話がしにくい。
(2)親子の関係で言いにくいこと、聞きにくいこともある。だから第三者として意見が欲しい。
(3)少し先輩として教育をして欲しい。目に見える目標になって欲しい。あるいは同世代としてなにか次の世代のビジネスにつながっていかないだろうか。

などがその理由ではないかと感じています。

私自身はこういうお話を非常にありがたく感じています。私自身が同世代や若い世代に会うことも非常に大きな刺激になるということもありますし、何よりも自分たちの世代がつながることで新しい何かができるのではないかと気持ちが昂ぶるからです。

それにしてもこういう社長様はすでに次の世代のことも考えておられるという点において素晴らしいと思います。おそらく事業として先手先手を考えておられるでしょうし、家族としてもきちんと向き合っておられることが伝わってきます。自分の会社を良くしよう、いつまでも続く良い会社にしよう、家族を大切にしよう、そういったものが詰まったご依頼ですから、それに応えようと私も精一杯のお付き合いを息子さんたちとも継続的に続けて、また何か価値を生み出していきたいと思うのです。


posted by 奥田圭太 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。