2006年11月14日

「父親たちの星条旗」

まさに映画という映画でした。劇場で観なくてはいけません。

観に行った動機は「硫黄島からの手紙」を観るためでした。そのために逆サイドも観ておこうという単純なもの。そのせいもあってか、感情移入はしきれませんでした。やはり、日本人という文化で育った以上「硫黄島からの手紙」のほうが感情移入しやすいのだと思います。今日の映像の出来からは非常に期待しています。

映画としては非常によくできています。エンドロールで実際の(戦時中の)写真が流れるのですが、映画のシーンとなんら違いません。ドキュメンタリーといってもいいくらいの再現力で、映画の力を改めて体感しました。説明もないままに(驚くほどに説明が排除されています)圧倒的に降りかかってくる現実は説得力を備えていました。

テーマとしては「英雄はなるものではなく、必要に応じて(まさに政治的に)創られるものである」という痛烈な現実の打ち込みです。それそのものは極めて真摯なテーマなのですが、それ以上にドキュメンタリーといってもいいくらいの現実に説得力があるので解説は不要です。「戦争」「英雄」という自ら生み出すものではないものに翻弄される人々・・・それがただ提示されるだけです。解説を映画に求めるのではなく、ただ提示されたものに説得するだけの映画力がある、そういう意味で納得の映画です。今‘流行’の「泣きたい」とか感情移入を求めるのであれば、「硫黄島からの手紙」あるいは日本映画を待て、といったところでしょう。

■作品概要
題名/「父親たちの星条旗(原題:Flags of Our Fathers)」
2006/アメリカ/ワーナーブラザーズ
監督/クリント・イーストウッド
出演/ライアン・フィリップ  ジェシー・ブラッドフォード アダム・ビーチ
会場/MOVIX京都
ウィスコンシン州で葬儀社を営むひとりの老人が、長い人生に別れを告げ、最期の時を迎えようとしている。彼の名前は、ジョン・“ドク”・ブラッドリー。1945年、海軍の衛生兵として硫黄島の戦いに赴き、激戦を戦い、そこで撮られた1枚の写真によってアメリカ中から“英雄”と讃えられた男。しかし彼は、その後の人生の中で硫黄島について家族にひと言も語ろうとせず、アメリカ中に知れ渡った写真についても、ひたすら沈黙を押し通した。硫黄島で何があったのか。父は何故沈黙を続けたのか。父親の人生を知るために、彼の息子が硫黄島の真実をたどり始める。

父親たちの星条旗 (特別版)父親たちの星条旗 (特別版)
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 父親たちの星条旗 (特別版)
[出演] ライアン・フィリップ
[レーベル] ワーナー・ホーム・ビデオ
[監督] クリント・イ..
>>Seesaa ショッピングで買う

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
[出演] 渡辺謙
[レーベル] ワーナー・ホーム・ビデオ
[監督] クリント・イ..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 奥田圭太 at 23:58| Comment(3) | TrackBack(8) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

第8回「京都発!!勉強会!!」告知

第8回「京都発!!勉強会!!」を開催いたします。

第8回のテーマはクリスマス企画ゲーム大会「世界の縮図ゲームVol.2」です。

ずばりゲームです。
リベンジに燃えていた方々お待たせしました!「京都発勉強会」初めての方、気軽に参加し始める絶好のチャンスです!
誰でも簡単に参加可能です。
ゲーム感覚でチームに分かれてワークショップに参加していただくだけで、経済の仕組みや世界のことを体感してもらいながら、コミュニケーションスキルが身についたりもします。 ゲーム(競争)としても単純に面白いので、騙されたと思って楽しみにきてください。

使用するものは、紙・鉛筆・定規・コンパス・はさみくらいです。 こちらで用意しますので皆さんにご用意いただく必要はありません。

今回はクリスマス企画ですので、思い切りゲームで盛り上がっていただいて、いいものからネタモノまでのクリスマスプレゼントをいろいろ持って帰ってもらう予定です。お楽しみに!!

■勉強会概要
第8回 「京都発!!勉強会!!」
日時  2006年12月16日(土)
     14:00〜 ゲームスタート(3時間程度)
会場  京都四条烏丸 COCON烏丸8F CEO KYOTO
参加費 500円(ドリンク代)
参加人数制限は原則先着順で30名程度。
13時には会場を開放します。就職相談、人生相談、起業相談、軽い交流を希望の人は早めに来て、私を捕まえてください。

※いつもより参加費が高いのでご注意ください。
※クリスマス企画として事前に準備が必要なので早期に人数を確定させる必要があります。また、この企画は人気企画で前回も途中で募集を締め切っています。早期に参加募集を締め切る可能性大ですので早めの参加表明をお願いします。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

「京都発!!勉強会!!」の全ては→コチラ
「京都発!!勉強会!!」のこれまでとこれからは→コチラ
「世界の縮図ゲームVol.1」の様子は→コチラコチラ

2006年11月12日

40-86

これを聞いてピンとこられた方はおられるでしょうか。もちろん「−46」ということではありません。これは私の「ワイシャツのサイズ」です。

さらに、これが「ワイシャツのサイズ」だとわかった上で、この「40−86」というサイズを聞いて何か感じる人はおられるでしょうか。感じた方は、私と同じような悩みを抱えている人かワイシャツというかスーツ類に詳しいおしゃれな人でしょう。

私のサイズの商品はあまり売っていない。

私のワイシャツのサイズは「40−86」です。私の靴のサイズは、スニーカーで「28」、革靴で「27」です。手が長いのです、足がでかいのです。

私自身がファッションセンスがなくて選べない(→コチラ)というのもありますが、それ以前の問題として選択肢もほとんどないのです。

学生時代の思い出。すごく気に入った靴がありました。店員さんに「これの28をください」と言ったら「製造されていません」と即答です。置いていないのではなく、そもそも製造されていないのです。需要に対して製造しても割が合わないと思われているわけです。それ以来、靴を選ぶときはサイズを先に言って、あるやつを出してもらい、その中から選ぶようにしています。

ワイシャツでも同じです。よく陳列されているものにはほとんどありません。これまた製造されていないことも多いです。気になる方は百貨店やスーツショップに行って40−86を探してみてください。当たり前にあるようなお店があれば教えてください。多くの場合、あるものを出してもらって選ぶしかないのです。

最近は日本人も大きくなりました。それでもただ大きいのではなく、バランス悪く(?)大きい私には「合うサイズの商品があまり売っていない」のです。
posted by 奥田圭太 at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

美しきゴミ

京都市では今年平成18年10月より「家庭ごみ有料指定袋制」が開始されました。

簡単に言うと、ゴミの分別をしっかりしましょう、京都市の指定する有料のゴミ袋を使ってね、ちゃんとやらんと回収しないよ、地球環境のためにみんなで頑張ろう、というものだと思います。

今日、私が訪問したエリアは資源ゴミの収集日だったようです。緑字で「資源ごみ用」と書かれた透明のビニール袋があちこちに見られました。その中にペットボトルが袋いっぱいに入ったものがありました。

それがとても美しかったのです。

ペットボトルのふたをきちんととって、周りの商品名等の紙をきちんとはがして、ただ透明なペットボトルが透明のビニール袋にきちんと入っていました。ただ、それだけです。ですか、とても美しかったのです。

ゴミを漢字で「護美」と書いているものを見たことがあります。「美しさを護る」ためにきちんときれいにしましょうという当て字なのでしょう。そして、そのゴミそのものも美しくなりうるのだと知りました。

今日見たゴミは、ただルールを守っているだけでした。ですが、当たり前のことをきちんと当たり前にやることはなかなか難しかったりします。そのときに「ただ」がとても美しく見えるのだとわかりました。「決められたことをきっちり守る」、それは大いに素晴らしい美徳だと思い知りました。

ご参考までに京都市のゴミ出しルール→a3poster.pdf

ちなみに私は京都市在住ではありません。
posted by 奥田圭太 at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

東京通勤ラッシュ

今日は急遽仕事で東京に行ってきました。京都発始発の新幹線です。

そして、覚えていないだけかもしれませんが、まさに「本物の」通勤ラッシュに遭遇しました。さすがに始発で東京に行くことはあまりありません。あったとしても東京駅で用事があったりしてそこからラッシュに巻き込まれることがなかったのかもしれません。

8時半前後に品川駅。山手線。ホームがラッシュでした・・・。

京都や大阪でも通勤ラッシュはあります。前職のときは朝が一般のサラリーマンよりも早かったので、そこまでのラッシュではなかったのですが、最近はラッシュにもよく遭います。しかし、乗れないということはあまりないです。全員が乗るからギュウギュウということです。

しかし、東京は違います。ホームがラッシュです。電車に辿り着けません。すぐ後の電車も来るのに、それさえ乗れなかったりします。何度も言いますが、電車がギュウギュウなのではなく、ホームからしてギュウギュウなのです。下手すりゃホームで動けなくなる人もいるのではないでしょうか。これが「本物の」通勤ラッシュで、関西のものなどは通勤ラッシュと呼べるほどではないことを知りました。

住めないな。

以前から東京はビジネスや文化にはいいけど住めないなとは思っていましたが、今回は肌に合うとかそういうことではなく、物理的に思ってしまいました。これでスーツだった(今日はジーンズ・ジャケットでした)ら地獄だろうなと。感覚が狂いそうだなと。

なんでなのかはわかりませんが、そんなことが今日はやたらと新鮮に感じた日でした。

と、田舎トークになってしまいました。たまにはこんなのも。
posted by 奥田圭太 at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

第7回「京都発!!勉強会!!」議事録

第7回「京都発!!勉強会!!」の議事録を作成しました。
下記のPDFをご覧ください。

第7回議事録.pdf

今回は講義形式だったのですが、白熱しすぎてしまって延長に次ぐ延長でした。業界の話がリアルでわかりやすく、参加者さんの生活にも近かったのもあるのでしょうか。また、けっこうアツい想いが入っていて参加者さんの心にも響いたのでしょう。質問も告知も多く、全員が積極的に参加できた会になりました。

会直後の私の感想は→コチラ

第8回は12月16日(土)14:00〜です。
いよいよ「世界の縮図ゲームVol.2」です。リベンジしたい人いざ来たれ!世界の経済を体感してみたい人いざ来たれ!ゲームで暴れたい人いざ来たれ!
クリスマス大会なので様々なプレゼントも企画しています。
是非、ご参加くださいませ。

2006年11月07日

しなければいけないこと

「しなければいけないこと」を引き受けられない人に「したいこと」はできません。

「したいこと」を実現していくためには「しなければいけないこと」がたくさん出てくるはずです。そもそも「しなければいけないこと」を引き受けることができない人はそれ故に「したいこと」に辿り着く前に始まりもしないのです。

自分の成長の為にあんなことをしたい、こんなことをさせて欲しい、という人をよく見かけます。ですが、その人はそれまでに、そのために必死になったのでしょうか。しなければいけないことから逃避するためにしたいことという辿り着けないものを夢見ているだけではないでしょうか。

しなければいけないことをやりきったときに新しいものが見えてきます。必死になった先にしか見えないものは間違いなくあります。そして、それこそが成長であり、したいことへの第一歩なのです。これは理屈ではなく事実です。

できることもやらなければ成長以前の問題です。
できることをやりきって、やっとスタート台です。
できることだけやっていては成長ではなく、そこまでです。
しなければいけないことに必死に食らいついて、やっと第一歩です。
しなければいけないことをやりきったときに本当の成長です。
そして、したいことに届くことが見えたときに次の世界です。

越えなければいけない階段が見えてスタート。
その階段の高さが見えて第一歩。
次の越えなければいけない階段が見えたときに本当の成長。
次の階段が見えたときはその前の階段が越えられる時ですから。
そして、ゴールまでの階段が見え始めたときに次の世界です。
posted by 奥田圭太 at 02:36| Comment(3) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

物事は立体だ!

物事は人間が介するかぎり立体である。

というのが私の持論です。一方的にしか介さないものはコミュニケーションの断絶であり、それは狂気であります。物事は、人間が双方向的に介することにより立体的になるのです。それだけに物事は一問一答で収まるものや0か1かのデジタルではなく、幾層にも多重構造化していけますしその全体を知り尽くすことはとても難しいのです。ですが、だからこそ面白いのです。

わかりやすい事象が喧嘩です。

喧嘩は見解の相違から起こります。コミュニケーションの断絶が起こることで一方的な主張となり、それは物事の本質を覆い隠し狂気と化します。喧嘩の原因は、どちらかが100%と悪いというものではなく、相違というズレから起こるだけなのです。ただし、それぞれの見解もまた多重構造となっており、必ずしも双方に綺麗な理解を生むわけではありません。ですが、そこで諦めてコミュニケーションを断絶したときに喧嘩は収束ではなく、狂気として爆発します。

喧嘩の収束は、相違というズレを認め、そのズレを双方が理解しようとすることにあります。0か1の答えを出していくのではなく、双方の見解を一定量認めることにあるのです。その中で多重構造を理解していき、どこかを許し合い、自分にも原因があるとお互いが気づくのです。そのとき、物事は立体として浮かび上がります。

このことはあらゆる事象に当てはまります。全てのことは人間を介したときに見解というものになっていきます。そして複数の人間が介することでそれはどんどん多重構造化していくのです。そのことを理解した上で、自分以外の見解を吸収していくことで、物事は立体として浮かび上がるのです。

立体として浮かび上がった物事はおもしろく、美しいものです。

今から徹夜で私の苦手とする、バリュークリエイトが基本は請け負わない資料作成を徹夜で行います。その資料にはこの考えがしっかり反映されるはずです。
posted by 奥田圭太 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

祇園をどり

祇園をどりに招かれて行ってきました。

今日は三連休中日。三連休初日に朝一番の新幹線で九州から帰ってきたときは京都駅が改札出られないのではないかという行列で、観光都市京都のすごさを思い知りました。そして今日は天候もよく、祇園界隈の人気店には長蛇の列ができていました。

さて、祇園をどりです。

まずはお茶席でお茶菓子とお抹茶をいただきます。前では可愛らしい舞妓さんが茶道をお披露目してくれます。堪能したあとはお茶菓子ののっていたお皿がいただけるのです。知らずに退席しようとして呼び止められました。
祇園をどりお茶菓子.JPG

いざ会場。
常連さんというか祇園に何らかのつながりのある方たち(今回は私もここに含まれます)が3割、京都の方が3割、観光客3割、外国人さん1割、というのは私の単なる勘です。

1時間の舞で「花簪四季彩」計6景です。
舞妓さんと芸妓さんの圧倒的な違いを痛感する会でした。

まず舞妓さんが4人が登場します。
可愛らしく華やか。ぱっと会場に花が咲くという言葉がぴったりです。簪・着物・帯にも季節を散りばめ、花が可愛らしく動き回ります。

そのあとは芸妓さんの世界です。
まさに芸です、芸達者です。歌舞伎役者といえばいいのでしょうか。中腰で芯の入った立ち居振る舞い。稽古に稽古してできた身体があるからこその舞です。更には艶だけでなく、狂言的笑いのエッセンスもしっかりと入っています。そういう喜怒哀楽を舞えるのは芸達者な芸妓さんだからこそなのでしょう。

最後は全員登場、総踊り。
祇園をどり.JPG

全体を通じて顔見世のような感じでした。
いいとこどりで花街祇園東の芸舞妓が順番に披露されていく。芸舞妓一人ひとりの個性の華やかさ、演目の四季の華やかさ、その一方でこういう世界もあるのだとなんとなくしんみりもしました。
posted by 奥田圭太 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都ならではの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第7回「京都発!!勉強会!!」終了のお知らせ

第7回「京都発!!勉強会!!」も無事終了しました。

いや〜、長かった、延長に継ぐ延長でした。すごい嬉しいのですけど、ちょっと計算違いで参加していただいた皆様にはご迷惑をかけました。この場を借りてお詫びします。

3つの業界の方に話をしていただいたのですが、あまりにひとつひとつが盛り上がりすぎて各30分とかでは全然終わらず、交流会に入る前に3時間半くらいかかってしまいました。このやり方は発表者の数ややり方を考え直します。にしても、盛り上がりましたね。リアルな話も聞けてドキリとしましたし、その一方で働く姿勢にはお三方とも共通点が多いな〜、アツい人って一緒なんだな〜と思ったりもしました。

今回は学生・社会人からの告知も満載。
学生ベンチャーの立上げで皆さんに協力要請したり、学生セミナーの告知があったり、社会人セミナーの告知があったり、芸術イベントのお知らせがあったり、こんな人探してます、てのもあったり・・・そのみんなの姿勢を見て思わず今自分がやろうとしていることを発表しだす学生がいたり・・・。その中で紹介できるものや、一緒にやってみようという人が今回も出てきたのが最高でした。こういう会っていいな、て本当に思えています。
バリュークリエイトの告知は・・・今回もなかったですが・・・。

次回は12月16日(土)。いよいよクリスマス大ゲーム大会です。
体感して世界の経済をちょっと知って、とかいろいろありつつも、とにかくゲームを楽しんでみんなで競争して、クリスマスプレゼントを持って帰ってください、という企画です。お楽しみに!

追伸1
今回は600円の収入超過になりました。これは12月に予定しているクリスマス企画の為に繰越したいと思います。ご了承くださいませ。というわけで繰越金2,400円はクリスマスプレゼント購入に使います。同時にプレゼントを協賛してくれる人も募集しております。

追伸2
昨日更新しようと思ったのですが、勉強会終了後、学生がたむろしているホームパーティーに参加したりしているうちにくたばってしまいました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。