2006年08月12日

そいつはあまりに淋し過ぎるじゃないか

お盆休みです。働いています。

今日はほとんどの法人様もお休みで、友人もほとんど休暇を取っています。多くの方は里帰りもされていることでしょう。そういえばみんな休みだな、そういえばみんなこんなオフィス街に出てきたりはしないわな、そういえばみんな里帰りしてるから京都にいないわな。そう思うと、飲みに行こうにも、携帯電話を握り締めただけでした。

そんな淋しいお話ですが、実は、それでふと思ったことがあります。

バリュークリエイトはまだまだ個人事業主の集まりです。パートナー同志が顔を合わせる頻度も高くはありません。ですから「一人」の時間がとても多いように思います。かといって、すぐに呼び出して会える状態でないのも事実です。とても今日に似た状態です。

ですが、私の仕事は、社長様とのお付き合いもそうですが、それにも増してその企業様の従業員さんといかに一緒にやっていくのかということが重要なものです。ですから、従業員さんと非常に密な関係を築いていっています。その結果、日中も業後も「一人」でいることはとても少ないです。必ずその時々、その会社様会社様で密な関係の方がそばにおられます。それもお一人ということではなくたくさんの方々が。そこの関係性における組織化が、まさに私の仕事の成功を表します。

振り返ってみると今の働き方はとても多くの方々に支えられています。全然「一人」だと思うことがなかったです。バリュークリエイト所属のパートナーは人数が少なく、また会える頻度も少ないですが、私自身はたくさんの信頼できる仲間たちと一緒に仕事ができている実感を味わうことができているのです。

一人というのはとても淋しいことです。
その「一人」を感じて、改めて多くのことに感謝しました。
みんな、一緒に頑張ってくれてありがとう。

そんな日でした。

posted by 奥田圭太 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。