2006年08月05日

「ゲド戦記」

かなり抜け落ちた映画でした。

映画としてはよくできています。オープニングなどは映像美と音ではらはら期待を高めてくれます。台詞の多いシーンと静かなシーンという濃淡もしっかりあります。声優の声も歌もきれいです。岡田准一さんなんかは事前に知っていたのに最後まで本人の顔が浮かばないくらいのキャラクターへの色づけぶりでした。さすが鈴木敏夫プロデューサー、オーソドックスな日本アニメーションにはなっています。

それでもこの映画はかなり抜け落ちています。
脇を固めるキャラクターが活き活きしていませんし、奥深いテーマをところどころに散りばめてあるのですが、それも全く消化されません。おそらく原作が持つであろう奥深い背景や奥深いテーマへの結びつきを濃縮させるのではなく、ところどころ食いつまんでしまったような状態です。なんとか長台詞で埋めようとはするのですが、理解はできてもジブリ映画特有の終わってみたら気づいていたという体験型にはなっていません。どうしてもストーリーに巻き込まれていきません。本来伝えたいであろうものがすべて「???」か「あっさり」と次へ行ってしまいます。

それが故に単なるドラクエのような悪者征伐のお話に成り下がってしまっています。少年少女が成長(レベルアップ)していって、最後に覚醒して強敵を倒す。それだけのような作品になってしまいました。

奥深いのだろうな、という気持ちにはさせてくれました。原作を読んでみようかと思います。

■作品概要
〓〓.jpg
題名/「ゲド戦記〜TALES FROM EARTHSEA〜」
2006年/日本/125分
東宝 スタジオジブリ
原作/アーシュラ・K.ル=グウィン
監督・脚本/宮崎吾郎
声の出演/岡田准一 手嶌葵 田中裕子 香川照之 菅原文太
会場/イオンシネマ久御山
竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はともに旅を続け、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せる。しかしテナーと共に住んでいた少女・テルーは、心に闇を持ち自暴自棄となるアレンを嫌悪するのだった…。

ゲド戦記 特別収録版ゲド戦記 特別収録版
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ゲド戦記 特別収録版
[出演]
[レーベル] ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[監督] 宮崎吾朗
[種類] DVD
..
>>Seesaa ショッピングで買う

ゲド戦記 全6冊セットゲド戦記 全6冊セット
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ゲド戦記 全6冊セット
[著者] アーシュラ・K・ル=グウィン
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 2006-05-11
[出..
>>Seesaa ショッピングで買う
ゲド戦記全6冊セットゲド戦記全6冊セット
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ゲド戦記全6冊セット
[著者] Ursula K. Le Guinアーシュラ・K・ル=グウィン
[種類] 単行本
[発売日] 2004-05-28
[出..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 奥田圭太 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。