2006年08月11日

早送りしたい人生

最近、歩くことに凝っています。といってもまだまだ三日坊主です。

梅雨が過ぎ去って、カラッとした暑さのときは歩くのも悪くないなと歩き始める前は思います。歩き始めると後悔したりしますが、汗だくになっても今更引き返せない状況に追い込まれます。強制歩きです。歩きの哲学です。そして、歩き終わってから、こんな暑い日は二度と歩きたくないという思いと、想いの外のリフレッシュが体を襲います。

そんなこんなで15分〜30分くらいは仕事間の移動で歩くことを、時間がある日はやろうと思って実践し始めました。

歩いて数分するとまず後悔が襲ってきます。単なる散歩と違って目的地が明確な歩きですから、その目的地までの最短距離を歩きたいという思いがどんどん強くなります。そして、そのあげくが「早送りしたい」です。どうせ歩くだけなのだから早送りにして目的地についてしまえばいい、この苦痛な時間をとにかく早送りしたい、と思い始めます。歩きであれ、車であれ、電車であれ、単純な移動は早送りしたいと思ってしまうことがあります。特に雨の日はそうだったりします。

ですが、この時間というのは捉え方でガラッと変わるものです。

歩いて10分くらいすると、諦めとリフレッシュの微妙な感覚で、周りの景色がぐぐっと見えるようになります。そうすると普段見過ごしていたものや見ていても見ていなかったような当たり前のものが、全身の中を駆け巡ります。さっきまで早送りしたかったものが、逆にスローモーションのように感じたくなるのです。「時間」というものを身体でじっくり感じたいと思うのです。

この「時間を感じる」という感覚は、とても貴重なもののように思います。時間の感じ方は、その気分や様々な要素で変わってきます。ですが、その多くは時間を感じるというよりは、終わってから気づくというものが多いでしょう。意外に速かった、楽しい時間はあっという間に過ぎた、振り返ってみたら速かった、まだこれだけしか時間が経っていないのか、というような。

ですが、時間そのものを身体で感じる機会はあまりありません。身体の中を血が流れていることを感じるのと同じようなものです。当たり前ということで失われていく感覚です。そういう感覚を取り戻すことは大切だと思います。

最近、歩くことに凝っています。そして、思います。

こんな暑い日はもう二度と歩きたくない。
だけど、歩くことは、時間が身体にしみこむ不思議な時間だ。
posted by 奥田圭太 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

繰り返される繰り返される

ブログを始めて10ヶ月目。「ほぼ日」をモットーに意地のように続けながら、ようやく自分のために書けるようになった今日この頃、エントリー数もついには300に迫るところまで来ました。そこで、つくづく思い始めている現実があります。

これって前にも書いたっけ???

当然自分のことを吐き出して、整理していくわけですから、根底には「自分」があります。「私」というものの考えが出れば出るほど「ああ、奥田らしいな」とか「圭太の考え方だな」とか「前もこんなこと言ってたな」「前言ってたあれにも通じるな」といったものが根底でつながっていくと思います。どうしても同じような言葉がたくさん繰り返し出てくるものです。

ですが、300エントリーにもなってくると、それだけでなく、それ以上に「全く同じ内容を書いているのではないか」という恐怖に襲われたりします。エピソードは思い出すものですが、考えの部分は常日頃からあるものなので、いつでも既視感があるのです。いつでも書いたことがあるように思えるのです。

訪問者数もページビュー(PV)も落ち着いてきました。更新しても増えなくなりました。それとともにその数字への興味も薄れ、自分のために書けるようになりました。ですが、この恐怖により、こう思ったりもするのです。

同じことばっかり書いて飽きられているんじゃないか???

気づかずに全く同じことを書いていたらすいません。特に昨日のエントリーなどは、検索で過去に書いてないか調べたにもかかわらず、未だに過去にも書いたような気がして仕方がありません。どんどん指摘してやってください。

その一方で自分のことを振り返ると

何度も書くことはそれだけ自分にとっては大切なことなんだ!

と思ってもいます。私という人間のことが一番わかってもらえるのではないかと期待したりもしているのです。

繰り返される。それは私であり、自分の根底だから。矛盾する。それは人間であり、移り行くものだから。そのとき思ったことをきちんと記そうと思います。過去に囚われず、きっちりと。
posted by 奥田圭太 at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

忙しいは理由にならない

最近、自分の忙しさが相手に伝わってしまうことがあったりします。これはとてもよくないことです。何故ならその忙しさは相手のせいではないからです。忙しいという現実は自分のせいでしかないのです。

忙しいかどうかなどというものは相手は知らないことです。それにも関わらず忙しいという対応をしてしまうことは極めて失礼だと思います。それが冗談(ネタ)であればいいのですが、自分は意図していないけれども、なんとなくイライラしていたり、なんとかくせわしかったり、なんとなく不機嫌であったり、なんとなく別のことを考えていたり・・・では相手の気持ちを汲むこともできなければ、相手の立場になって考えることもできなければ、いいディスカッションも生まれません。もしかしたら無駄な時間になるどころか、相手を不愉快にさせてしまったり、傷つけてしまったりすることもありえるでしょう。

人と接するときは、いや、それだけではなくいかなるときも、自分をニュートラルに切り替える力が必要だと思います。忙しく作業をしているときでも電話がかかってきたらその瞬間一旦ニュートラルに戻ったり、誰かに会う前はその前に深呼吸をするくらいのニュートラルな状態を維持したり・・・。いかに自分をニュートラルな状態にできるか、これは常に意識し、訓練し、身体にしみこませることが大切です。

私は、お客様には常に「いつでも暇」と答えるように心がけています。
私は、友人には常に「ぼちぼち暇」と答えるように心がけています。


最近はそれが弱まっているように感じているので、もう一度肝に銘じなおしたいと思います。

そして、
私は、パートナーには常に「忙しい」と答えるようにしています。

泣き言です。完全なる甘えです。パートナーたちはそれがわかってくれると思っているからです。こういう甘えられる環境があるからこそ、お客様の前では頑張れるのだと思います。パートナーたちには本当に感謝しています。

だから、私は今日もお客様には言うのです。

「いつでも大丈夫ですよ!」と明るくはっきりと。
posted by 奥田圭太 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモ整理のススメ

頭がリラックスしている状態のとき、ぱっと浮かぶこと、ぱっと思い出すことが多いです。その代表的なときが、寝る前と寝起きと移動中です。

最近は特に覚えておくべきこと(TO DOリスト)が多岐に渡り、量がとにかく多いので、メモをしておかないと忘れます。また、こういうとき(考える領域が多岐に渡る状態)だからこそたくさんのことが浮かぶ状態にあります。

私は枕元にメモ帳を置いて寝るようにしています。寝る前に気になったことをメモします。これは落ち着く効果と明日朝一番で切り替える効果に役立ちます。寝起きの頭がぼーっとした状態で思いついたことをメモしておきます。見直して意味がわからないものがあったりもしますが、とても重要であったり、とても発想豊かなものが残っていたりして、多くの源泉であったりします。

そして、移動中の車内です。
車内といっても、電車内のことです。前職のときは外交での移動は全て軽自動車でした。ですので電車は通勤の行き帰りです。そのときもしていた習慣です。今は電車での移動がとても多いのでこの習慣がとても役立っています。

電車内は整理の時間です。

通勤の行きでは今日一日のことを勝手にシミュレーションします。その中で浮かんできたことを片っ端からメモをします。そして整理していきます。通勤の帰りでは今日一日の振り返りと明日のシミュレーションをします。お客様間の移動やその他の移動でも同じです。いろいろなことをイメージして、とにかく書き出します。

書き出すことは、忘れないために非常に役に立ちますが、それ以上にタスク量がビジュアル的に明確に見えることで非常に落ち着きます。忙しい中でいっぱいいっぱいになってしまったときこそ、書き出してみると実は4つくらいだったりします。いっぺんにやってきたように思えるからいっぱいいっぱいに思うだけでひとつひとつを見れば、順番にしていけば全然たいしたことがないことの方が多いのです。リラックスして書き出すことは、タスクの整理と心の整理に大変役に立つのです。

電車移動が増えて、本当に考える時間が増えました。集中ができる電車内は本当に貴重な時間です。間違いなく自分の仕事のメリハリに役立っています。だから大切に活用したいと思います。
posted by 奥田圭太 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

PARCO+RECOMOTION Presents「開放弦」

長い。広い。高い。低い。もったいない。でした。

間延びした感じで「低い」テンションのまま長時間続きます。場面転換の暗転が多く、また長めであり、全体的に「長い」なあという印象が残ります。わかりにくい脚本を丁寧に表現しようとしたあまり、長く長くなっていたような気がします。
そして、これもホンの質のせいなのですが、劇場が「広」すぎました。セットでは二間あるのですが、間違いなく一部屋で充分だったと思います。内容が内容だけにもっと狭くこもった感じのところでやれば息遣いでドキドキできたように思います。
そういう意味では8,000円は「高い」です。癖のあるホンを大きくプロデュースしてしまったが為に演出から何からがホンに合わずに「もったいなかった」というのが感想です。

ホンは良くできていたように思います。たった一つ本音が表現できないがために微妙な関係性がずれを起こし、それぞれの結末が収斂されていく。それが登場人物全員にきちんと平等に付与されています。それぞれにクセがあり、それぞれに美しさもあり、溶け合うことなく微妙な反応を繰り返していく・・・その様子は居心地の悪い居間という空間を介して結末へとうねっていく。見ていて心地のいいものではないですが、根底はとても美しく、よく練られていると思います。

だからこそ演出も難しかったのかもしれませんが、もったいなかったです。とても「狭い」空間で、理解できないくらい「一気に」このことが提示されたら、とてつもなく居心地が悪いピュアな気持ちが「高ぶった」ように思います。

■公演内容
PARCO+RECOMOTION Presents「開放弦」
 作/倉持裕 演出/G2 音楽/渡辺香津美
出演/大倉孝二 水野美紀 京野ことみ 丸山智己
    伊藤正之 犬山イヌコ 河原雅彦
会場/梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
日時/2006年8月6日(日) 13:00開演
料金/S席 8,000円
posted by 奥田圭太 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

「ゲド戦記」

かなり抜け落ちた映画でした。

映画としてはよくできています。オープニングなどは映像美と音ではらはら期待を高めてくれます。台詞の多いシーンと静かなシーンという濃淡もしっかりあります。声優の声も歌もきれいです。岡田准一さんなんかは事前に知っていたのに最後まで本人の顔が浮かばないくらいのキャラクターへの色づけぶりでした。さすが鈴木敏夫プロデューサー、オーソドックスな日本アニメーションにはなっています。

それでもこの映画はかなり抜け落ちています。
脇を固めるキャラクターが活き活きしていませんし、奥深いテーマをところどころに散りばめてあるのですが、それも全く消化されません。おそらく原作が持つであろう奥深い背景や奥深いテーマへの結びつきを濃縮させるのではなく、ところどころ食いつまんでしまったような状態です。なんとか長台詞で埋めようとはするのですが、理解はできてもジブリ映画特有の終わってみたら気づいていたという体験型にはなっていません。どうしてもストーリーに巻き込まれていきません。本来伝えたいであろうものがすべて「???」か「あっさり」と次へ行ってしまいます。

それが故に単なるドラクエのような悪者征伐のお話に成り下がってしまっています。少年少女が成長(レベルアップ)していって、最後に覚醒して強敵を倒す。それだけのような作品になってしまいました。

奥深いのだろうな、という気持ちにはさせてくれました。原作を読んでみようかと思います。

■作品概要
〓〓.jpg
題名/「ゲド戦記〜TALES FROM EARTHSEA〜」
2006年/日本/125分
東宝 スタジオジブリ
原作/アーシュラ・K.ル=グウィン
監督・脚本/宮崎吾郎
声の出演/岡田准一 手嶌葵 田中裕子 香川照之 菅原文太
会場/イオンシネマ久御山
竜が人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。2人はともに旅を続け、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せる。しかしテナーと共に住んでいた少女・テルーは、心に闇を持ち自暴自棄となるアレンを嫌悪するのだった…。

ゲド戦記 特別収録版ゲド戦記 特別収録版
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ゲド戦記 特別収録版
[出演]
[レーベル] ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
[監督] 宮崎吾朗
[種類] DVD
..
>>Seesaa ショッピングで買う

ゲド戦記 全6冊セットゲド戦記 全6冊セット
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ゲド戦記 全6冊セット
[著者] アーシュラ・K・ル=グウィン
[種類] 単行本(ソフトカバー)
[発売日] 2006-05-11
[出..
>>Seesaa ショッピングで買う
ゲド戦記全6冊セットゲド戦記全6冊セット
販売元 : Amazon.co.jp 本
価格 :
[タイトル] ゲド戦記全6冊セット
[著者] Ursula K. Le Guinアーシュラ・K・ル=グウィン
[種類] 単行本
[発売日] 2004-05-28
[出..
>>Seesaa ショッピングで買う
posted by 奥田圭太 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

学生ベンチャーに期待すること

公私共に学生ベンチャーを支援することが時々あります。

その中で私が学生ベンチャーに何を期待しているかを書いておこうと思います。あるいは、起業・ベンチャーを志す学生に何を期待しているかといった表現のほうが適切かもしれません。

信念を持って作り出して欲しい。

一言で言ってしまうととても抽象的になってしまいます。逆に言うなれば、小手先の収益に走らないで欲しい、可能なことで事業を決めてしまわないで欲しい、儲かる金額が容易にシミュレートできるようなモデルを自慢げに発表しないで欲しい、ということです。

事業には短期収益と長期収益があります。短期収益はもちろん事業を継続していく上でどうしても必要になります。もっと極論すれば、食べていくために必要です。ですが、学生は食べていくことに困るでしょうか。食べさせなければいけない扶養家族もいなければ、ほとんどの場合は食べさせてくれる親がいる。アルバイトだってできる。一部の学生を除いてその事業による収益の還元がなければ食べていくことに困窮するという人はまずいないでしょう。それはとても幸せなことです。

だからこそ
短期収益に走らず、自分の信じた新たな社会価値を一心不乱に追い求めて欲しい。
のです。

学生さんとお話していると、すぐに世の中に既にあるサービスやそれをちょっとアレンジした事業モデルをお話されます。それは確かに世の中にも成功事例が溢れ、学生にも充分収益を上げることができる可能性があるものであったりします。ですが、その多くは立ち上がりはするかもしれませんが、天井は決まっています。あるいは資本力のある既存企業の参入で吹っ飛んでしまいます。競争の中に入っていっても学生で勝つことは非常に困難です。

そんなものよりも、
本質的には社会価値のあるものに信念を持って取り組んで欲しい。
のです。

一般企業が気づかなかったりリスクがあると回避しているが、これはきっと社会的に価値がある、と自身が信じるものに懸命に取り組みことが学生の最大の特権だと思います。学生にはそれに立ち向かうバックがあるのです。個人における安定というリスクからの解放です。
一般企業であれば事業が立上がり、収益を生まなくてはなりません。またその事業には人件費はかかります、つまり、人件費は最低でも稼がなくてはならないのです。ですが、学生は損さえしなければいいのです。自分の食べていくお金をすぐに稼ぐ必要はないのです。稼いだお金を全て投資にまわすことも可能です。

だからこそ
焦らず、自分の信じるあるべきものを生み出して欲しい。
新たな可能性を創出して欲しい。

のです。

立ち上がりは遅くてもいい。自分のできることをめいいっぱいすればいいのです。そしてそれが形になってくれば、次に進めばいいのです。そこから生まれてくる可能性は無限大です

簡単に納得性のある事業計画を見せてくる学生ベンチャーなんて面白くない。成長も見込めない。それは真似事に過ぎないのです。
そんなものよりも、熱く語り、そこから逃げない想いが入った「あったらいいな」時には「バカだな」と思われるくらいのもののほうが応援したくなります。そのものに可能性も感じますし、それ以上にその人間に可能性を感じるからです

そして、そのアツい想いが本当の「信念」「覚悟」になったときに、「自分のお金で」その事業を会社として独立させ、そこから「自分の食べるお金も稼ぐ不退転の覚悟」で経営を始めればいいのです。それがわかっていてはじめて起業家であり、経営者であると思います。
posted by 奥田圭太 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

成長に必要なもの

一人で成長するのは難しい。

目に見える目標や自分を映す鏡というものが成長には不可欠です。特に、明文化されているスキルでないものは、誰かを通して想像するしか難しいと思います。自分というものを客観的に把握し、明確な次の自分を想像することは難しいからです。

そこで
(1)ライバル
(2)目標とする先人
(3)自身の将来をイメージさせるような先人
そして、
(4)支援者
がいればいるほど、その鏡を利用して、目標を明確化することができます。

(1)ライバルとは、常に意識することで自分の頑張り具合がわかります。いいところは真似し、良くないところは反面教師にすることが容易です。意識というものが自身のモチベーションを高めることにも役立ちますし、今の自分と比べる上で鏡としてとても機能します。だからこそ、ライバルのことを眼を背けずにきちんと向き合っている人は成長が早いと思います。

そこに(2)目標とする先人が加われば、近い目標として自分の成長の方向性を明確にすることができます。(1)との競争の中で判断すべき方向性の指標となります。近い将来の自分像を持つことで、今のうちにやっておくべきこと、今の自分の方向性が本当に自分にとっていいことなのかを判断する鏡として機能します。

さらに(3)自身の将来をイメージさせるような先人がいることで、自身の可能性を意識することができます。最初は漠然とした憧れや尊敬かもしれませんが、それが自分とリンクすることで(2)が明確になり、更には進むべき道の確信を与えてくれます。必要なことの明文化にはならないかもしれませんが、将来というものに期待を持つことができ、モチベーションにつながります。企業でいうなれば、そういう上司がいる人は、自分がこの会社にいれば将来そういう人物に育てるという期待を持ち、会社へのコミットメントが維持されるでしょう。

そして(4)支援者です。この支援者がいることで、安心感と期待に応えようというモチベーションにつながります。特にモチベーションを支援者は支えてくれることでしょう。これについてはまた詳しく書きたいと思います。

そして、きっちりと(1)ライバルと向き合い、(2)目標を目指し、ついには(2)目標を(1)ライバルにして、更なる(2)目標を設ける。ひとつひとつの目標をしっかりと吸収して越えていき、更に上位の目標を設けていく。そこでモチベーションを継続していく。この継続が成長の鍵だと思います。また(1)〜(4)のレベルの違う視点を常に意識することで上位概念から自身を見ることができるようになります。

企業に属していれば、これらのものを他者に依存することが可能です。ですが、起業をすれば、これらを自身で支えるしかないのです。もちろん外部の方々にそれらを求めることは可能ですが、企業内のようにいつでも照らし合わせることができません。自分で自分自身を鏡にしなくてはならないのです。

出逢う全ての人と向き合い、自分にとっての(1)〜(3)を常に自分自身としてイメージして、言語化できないものについては自分自身を偶像化することが必要です。つまり、一人よがりにならないように出会う人を一人一人きちんと見ていく。そして、それらをきちんと受け入れることで、自身の明確な(1)〜(3)の鏡を自身で作り上げる。そしてそれに向かって(4)に依存することなく、自身でモチベーションを高めていかなければならないのです。
これはとても難しいことです。ですが、自分で自分の将来像やモチベーションを作り出せなければ、成長もなければ、事業もできないと思うのです。

逆に企業経営にあたっては、社員がこれらの(1)〜(4)に触れられる環境をきちんと仕組みとして整備すること、またそういう(1)〜(4)になれる人財を育てていくことが重要です。それが循環する経営ができれば、自動的に社員が育ち、社員もその会社で働くことに喜びを感じることでしょう。

posted by 奥田圭太 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

「お盆も休まず営業いたします」

今年のお盆はある企業様にこもって働くことを決意しました。

新しくご一緒に働くことになったお客様の会社です。開始時期が決定していなかったのですがお盆も働かれるということですので、スタートダッシュといきたいところですが、まずはベースをしっかり固めるためにお盆から入らせていただくことに決めました。

お盆といえば他のお客様はほとんどお休みを取られています。ですから、この会社様にだけ集中して取り組めるので、開始時期としては的確だと判断しました。

集中できるときにしっかりとベースを作ることで立ち上がりを滑らかにしたい、あとからの効果も大きくしたい、というのが私の考えです。最初のベースを作ることがとても難しいけれども一番大切であるとこの1年の経験で痛感しています。そのうちわかってくるというものも多いですが、それ以上に最初からわかっていればもっと早く手が打てたのに、と思うことのほうが多いです。最悪のケースでは悪い癖、勘違い、先入観が抜けなくなります。そういう意味ではいいタイミングでご一緒できることを幸せに思います。

まずは勉強の時期として一気に進めます。ここで手を抜くとあとで取り返すのはとても難しいことはよくわかっているつもりです。焦らず集中してしっかりとしたベースを身体に沁みこませて、期待された役割を明確な形にしていきたいと思います。その結晶として大いなる飛躍と長いお付き合いを希望しております。

ふと、昨年のお盆は何をしていただろうと思い返しています。会社設立が9月1日だったので、きっとその設立事務をやっていたのだろうと思うのですが、ほとんど思い出せません。来年からはこのブログを見ればわかるんだろうなあ、とブログの効能を期待しています。去年このお盆の時期にご一緒していた方がいれば、私が何をしていたか教えてください。手帳も探してみよう。

ゆっくり休む時期についてはまた考えるとします。
posted by 奥田圭太 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

スタイルシート6

スタイルシートを変更しました。

ここのところずっとずっとしたかったことのひとつが「散髪(カット)」で、もうひとつがこの「スタイルシート変更」です。

ようやく関西も梅雨が明けました。梅雨が明けたら少し秋色にしたいとずっと思っていたのです。今年の梅雨は長かったように思います。このままだと夏はあっという間に過ぎ去りそうです。

ずっと言ってきているオリジナルスタイルシートについてですが、ようやく決まりました。といっても私の心の中でデザインが明確に固まったというだけです。一部の人にはもうお話していますが、私らしくていいという評判なので地味に努力します。まずは素材(しかもWeb素材ではなく、ほんとのアナログ素材)の調達からです。それをWeb素材に転換して、その上でスタイルシートの作り方をいちからお勉強です。エンジニアの方々に相談です。自分で作るか、作ってもらうか・・・それよりもまず、素材調達ができるのか!?

過去の変遷を記録しておきます。

全てSeesaaの付属品で
「ブルー(両サイドバー)」
→年始三が日「賀正(右サイドバー)」
→通常モード「シンプルオレンジ(右サイドバー)」
→3月より「若草(右サイドバー)」
→3月6日より「若草(右サイドバー)色いじりオリジナル」
→5月22日より「light pole(右サイドバー)」
→8月1日より「カラスウリ(右サイドバー)」
です。
posted by 奥田圭太 at 00:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ページのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。