2006年08月31日

「二クラス・マクファーソン」

ホンが非常に細かくできていて、演出が新鮮に楽しくて、役者さんたちが安心して観れた作品でした。

まずはホン。やっぱり後藤大王ひろひとさんはすごいの一言です。複雑ながらもきちんとつながっていき、爆笑の渦に観客を巻き込んでいきます。その脚本の複雑な構造にもかかわらず、その巧さを覆い隠すような笑いが全てを忘れさせてくれます。

そして、演出。竹下Sal宏太郎さんらしい動きの演出でした。殺しのゲームの演出もそうですし、複雑な構造をした脚本の構造の紐解きについてもそうです。見事に踊りも含めた役者の動きで二重構造を美しいものにしていました。意外に(?)演出家に向いているのではないかと確信しました。役者さんとしても観たかったですが。

役者さんたちはみなさん当然のように良かったです。個人的には最前列で観たおかげで川下Doc大洋さんの緩急切り換えの鋭さに心地良さを覚えました。平田さんとアドゴニーさんは反則です。カーテンコールで涙ぐんで、一曲披露しようとしてくれたアドゴニーさんには乾杯です。

本日の特典としては千秋楽ということで、大王・Salも来られていて、きちんとカーテンコールの挨拶が揃ってありました。全員の紹介もあって、ほっこりした幕でした。

■公演内容
Piper第2回上演作品再演「二クラス・マクファーソン」
 作/後藤ひろひと 演出/竹下宏太郎
出演/小須田康人 みのすけ(ナイロン100℃)
   三上市朗(劇団M.O.P) 六角慎司 平田敦子
   アドゴニー 川下大洋(Piper)
会場/松下IMPホール
日時/2006年8月31日(木) 19:00開演
料金/指定 5,500円
posted by 奥田圭太 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

第6回「京都発!!勉強会!!」告知

第6回「京都発!!勉強会!!」を開催いたします。
今回も「社会人と学生の交流の場」と「社会についてのちょっとした知識・知恵」を「誰にでもわかりやすく」「気軽に参加できるように」提供したいと思います。

今回は三部構成です。

≪第一部:勉強会≫
「赤字の会社が何故潰れないのか。
 黒字の会社でも潰れるのはどうしてか。」
会社のお金の流れ、倒産(潰れる)とはどういうことかを簡単に学んでいただきます。

≪第二部:ディスカッション≫
「会社は誰のものか」
についてディスカッションをして皆さんの意見をぶつけ合っていただきます。その上で、会社経営で本当に求められている姿を見つけていければと思います。

≪第三部:交流会≫
自由参加です。お昼なのでお弁当か何かを買いに行って食べながら自由に交流していただきます。仲間作り、相談相手作りに最適です。※お昼を買いに行くことになった場合は実費を出してください。

■勉強会概要
第6回「京都発!!勉強会!!」
日時  2006年9月30日(土)
     10:00〜 勉強会
     10:45〜 ディスカッション
     12:30〜 交流会(昼食予定)
会場  京都四条烏丸 ココン烏丸8F CEO KYOTO
参加費 100円(ドリンク代)
    別途交流会では食事を買う場合は実費が必要。
参加人数制限は原則先着順で30名程度。

参加希望者は
こちらにコメントしていただくか、私奥田圭太@管理人までメールをください。表明方法は代表者が「奥田 3名」というように、代表者と友人を含む合計人数を表明してください。

ご質問がある方は気軽に奥田圭太@管理人までご連絡ください。

2006年08月29日

第5回「京都発!!勉強会!!」議事録

第5回「京都発!!勉強会!!」の議事録を作成しました。
下記のPDFをご覧ください。

第5回議事録.pdf

「活発なディスカッションと交流会」というのがぴったりの会でした。社会人と学生の人数がほぼ同じというのも偶然ですけど、いい会にしてくれたように思います。いろいろなディスカッションの種類や立場というものを経験していただいたのが好評だったようなのでまたやってみたいですね。

会の生中継をした模様は→コチラ
会直後の私の感想は→コチラ

第6回は9月30日(土)10:00〜開催予定です。
またこちらでご連絡いたします。
みなさん、あけておいてください!

本気で募集します

ちょっとやりたいことがいっぱいになってきました。

絶対今やらなきゃ面白くないことなのですがいろいろありすぎて自分ひとりではできない状態です。そこで、本気で募集します。バリュークリエイト奥田を手伝ってくれる人大募集。社会人・学生、経験等は一切問いません。関西在住の方を優先します。うまくいったときはアルバイト料も考えます。ある程度落ち着いた際にはご希望の経験ができるようにいろいろ協力します。就職活動前にも是非この経験を!

具体的にやっていただくことは

(1)9月28日(木)にバリュークリエイト主催あるいは運営で3回生向けの就職活動直前セミナー(50名程度)を開催します。その企画・運営・参加者集めのお手伝いをしていただきます。積極的に意見を出していただければ反映もします。

(2)以前にも書きましたがKUNNA(→コチラ)の販売SHOP探しを本気でやります。私と一緒にマーケティング、交渉をしていただきます。

(3)バリュークリエイト奥田の日常のお手伝い。
様々な企業とのやり取り、実際の実行、奥田の思いつき、仕組みづくり、勉強会の企画等、奥田の手伝いと奥田のリソースを使った企画をしていただきます。面白いことをしたい人なら誰でもOKです。

から選んでいただくか、複数やっていただきます。
特に拘束時間を厳しく設けたりはしません。目指すは企画の成功なので、自分の都合に合わせて参加具合を調整してください。

かなり切迫しています。是非お願いします。

ご協力いただける方は「keita@vcreate.jp」にメールをしていただくか、mixiまたはGREEで「奥田圭太」で検索していただいてメールをしてください。

重ね重ね、お願いします。

※何人かの人には直接依頼するかもしれません。そのときは「はい!」と答えてください(笑)
posted by 奥田圭太 at 00:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

第5回「京都発!!勉強会!!」終了のお知らせ

第5回「京都発!!勉強会!!」が無事終了しました。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。今回も半数くらいの方は初めての方で新鮮でした。企画も新鮮な感じでしたが、皆さんが積極的に自己紹介をし、ディスカッションが結構白熱したのが印象的でした。私も司会進行だけでなく参加すればよかったなとちょっと後悔していたりします。かなり傍目に見て楽しそうでした。

交流会もディスカッションもかなりシャッフルしたので、多くの方と交流ができてよかったのではないでしょうか。毎回ちょっとずついいところを残して、反省点をなくしていく形でやっているのですが、良くなってきた実感はあります。今日は肝心の私が名刺を持ってきていなくて多くの方にご迷惑をおかけしました。次回からはきちんと持ってきます。私の名刺でよければいつでもお渡ししますので気軽にお声かけをお願いします。

今回一番嬉しかったことはこの会が参加者によって初めて活用されたことです。ゼミの課題ということで社会人の方々にインタビューしていた学生さんもおられましたし、バリュークリエイトや私の取引先様に提案を持ってきてくれた学生ベンチャーの方々もいました。他の方々も積極的にこの勉強会を活用していただけたらと思います。

さて、次回は9月30日(土)10:00〜の予定です。
みなさん、あけておいてくださいね。

追伸
今回初めて800円の収入超過になりました。これは12月に予定しているクリスマス企画の為に繰越したいと思います。ご了承くださいませ。
また、お菓子の差し入れをしてくれた女性陣、本当にありがとうございました。

第5回「京都発!!勉強会!!」生中継

「京都発!!勉強会!!」の生中継です。5回目にして初めての試みです。

今回は23名の方にご参加いただいています。社会人と学生が半分半分くらいでしょうか。予想よりも集まりまして、かなり白熱したディスカッション大会になっています。

現在は、3セット目の最終ディスカッションで、4チームに分かれてディスカッション&アイデアまとめをしています。30分間のディスカッションで、司会進行の私はうらやましそうに傍から見ている状態です。

ж????.JPG

皆さん元気です。この前に2セットやってるはずなのですが、変わらずアツく意見をぶつけ合っています。面白い光景です。このあと、各チームから発表があるのですが、今から楽しみです。

さて、残り10分で最終ディスカッション終了です。
面白いアイデアに期待期待です。

2006年08月26日

のろまのつくりしもの

青蓮院の入口に大きな大きなクスノキが聳え立っています。

大きく、力強く、暑さしのぎに入った影から見上げれば優しく包んでくれるようです。その枝や根と言うにはあまりに太く伸びた手足は、この木がとてつもなく長い間生きてきたことを証明しています。幾年も幾十年も幾百年もその場で一歩一歩成長し、いつの間にか周りにも類を見ないものへと昇華されていったのです。木は生物、本当に生きているとこの楠は教えてくれます。

ただ動きがのろいだけ。

とは私の友人の弁。まさにその通りです。そしてその「のろさ」が確固たる強さの根源であるのです。

のろくてもそこから決して逃げることなく、しっかりと力をつけて成長していく、どこかだけが一気に伸びていくのではなく、根をしっかりと張り、それに合わせて幹が肥え、もっと成長したいと葉を溢れさせるように枝を天に広げる。

そののろさは、一見すれば弱弱しいものかもしれません。そのときそのときを見れば成長していないように思えるかもしれません。それでも着実に根を張って自ら歩みを止めることがなければ、長き将来の後にはその圧倒的な力強さを備えることができるのです。

手っ取り早いスキルを身につけるのはわかりやすいでしょう。ですが、本当の地力(実力)とは、逃げずに根を張って焦ることなくしっかりと歩み続けることでしか手に入らないのだと思います。それを怠らないことが将来の差であるように思います。

「うさぎとカメ」ではないですが、この楠はそんなことを思い出させてくれます。

青蓮院  http://www.shorenin.com/

posted by 奥田圭太 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム:言葉津々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

西田祥剛展

お招きに預かりまして行って来ました。

神社仏閣で味わう油絵です。

過去にこのようなものがあったでしょうか。私は知りません。普通に拝観に行って、開け放たれた部屋に油絵が並んでいるのです。その異様なまでのアンマッチの響きに、色彩が溶け込んで、また浮かび上がっているのです。とても興味深い光景でした。

青蓮院といえば天台宗の寺院であるだけでなく、御所が消失したときの天皇の仮住まいであったために仮御所とも言われ、皇族の方がお務めになっている歴史と格式のある場所です。入り口にはクスノキが聳え立ち、奥の奥まで平安文化や桃山文化を感じさせる重厚な造りで、日本の文化が凝縮されています。

そこに風穴を開け、また奇を衒うことなく見事に融合させた油絵作家西田祥剛氏に敬意を表したいと思います。その作品の、肉付きが浮かび上がるようなタッチも、強い色彩が奥行きを圧倒的に生み出す作風も、素晴らしかったです。

拝観後、西田氏と喫茶店でゆっくりお話しする機会がもてました。暗がりが似合う作品とはうってかわって、気持ちのいいスカッとした明るさをお持ちの方でした。光を極力おさえたところで観たい、夜に観たいといった私の感想にも喜んでくださり、非常に明るく謙虚な方でした。

次回はイタリアだそうです。今回の試みが青蓮院様にも認められたようで毎年開催の見込みです。寺院ならではのたくさんの制限や課題がわかった実のある会だったと強く認識しておられ、次回からは少しずつそれを解消して「夢のような」会を開きたいと考えておられました。その想いが非常にアツいもので、その内容の衝撃に私はワクワクしてきました。それが実現する姿が本当に観たいと思いました。まずは毎年変遷を観ていきたいと思います。

本当に面白い出逢いになりました。
絵のことは全然無知ですが、この人の絵に対する想いや私に伝えようとする表現が楽しかったです。絵の巧さではないチカラというものを教えていただいたように思います。今度、特別に暗がりで観させていただきます。楽しみだ。

■画展概要
「西田祥剛(YOSHITAKE NISHIDA)展」
会場/天台宗 青蓮院門跡
日時/2006年8月19日〜2006年8月25日
posted by 奥田圭太 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・映画・舞台・ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

もつべきものはもつべきもの

今日の夕方はバタバタしました。
頼りになる友達たちに助けられたと感謝感謝です。

ある企業様の企業理念を英訳することになりました。見せていただいたたたきがあまりに硬い。英訳というよりも直訳です。それじゃいかん、と勝手に盛り上がって立ち上がってしまいました。

といっても、私は英語が得意なわけではありません。そんなわけで「助けて〜」連発です。発信発信。

留学生、外大出身者、海外留学経験者、ドイツ人とのダブル、海外勤務経験者、・・・

もつべきものは友達です。かなり難しい課題だったにもかかわらず、みんなあれやこれやと協力してくれました。ディスカッションしたり、たたきができて、よりスタイリッシュに見えるように並べ替えたり置き換えたり。あれやこれやで結構な時間をかけました。

みんなが前向きに協力してくれたこと、私がいろんな人に相談したりなかなか納得しなくてみんなが言ってくれたのがそのままにならなかったにもかかわらず快く最終決定を喜んでくれたことが本当に嬉しかったです。

今日の決定が形になって残るかは明日の決定次第です。社長決裁が取れれば、一般の方も見ようと思えば見えるところにプリントされることになります。私は記念に写真に撮りたいです。と勝手に期待を膨らましております。

みんな、ほんとにありがとうございました。
posted by 奥田圭太 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

社員旅行大歓迎

お客様の社員旅行に同行してきました。

社長様のご自宅にお泊りをして、朝からタクシーで空港に移動し、更に2泊3日です。社員さん含めて15名での旅でした。

私は基本的に社員旅行同行のお誘いには喜んで飛びつきます。

何故なら、社員さんとゆっくりしゃべることができるからです。
本当の意味で親交が深まるからです。

大切なことは、社長様とではなく、普段あまり話をできていない社員さんとゆっくりと話し合うことです。

私はお客様の現場に入って仕事をすることが多いので、社員さんとの関係が非常に大切です。本当の意味での仲間にならないと成功し得ない仕事をしていると思っています。ですが、外部の人間と思われてしまっていては距離があるのです。警戒心があったりもしますし、何者かわからないと思っている社員さんがいることだってあります。そこにころがっているのはコミュニケーション不足です。

そんなときに社員旅行は最大のチャンスです。

一緒に寝食を共にする、これは非常にいい機会です。お酒を飲んで本音をぶつけ合って朝まで語り合う、そんなことが自然の流れとしてできるのです。たくさん食べてたくさん飲んでたくさん語る、そんな単純なことが一緒にできるのです。普段言えないことや聞けないことを交換でき、深耕できるのです。

今回の社員旅行でも日に日に関係が深まるのが実感できました。連日たくさん食べて朝まで飲みながら喋りまくってきました。それぞれが持っているアツい想いも聞けました。それを聞いて安心もしましたし、心強くも思いましたし、なにより私自身のやる気にもなりました。本当に、たくさん食べて、たくさん飲みました。それが全てです。

そんなわけで、先ほど京都に戻ってきたのですが、見事に1kg太っておりました。ちゃんちゃん。
posted by 奥田圭太 at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。