2006年07月10日

就職までにしておきたいこと

就職活動を終えた人、もう一踏ん張りしている人、そしてもう一度やり直そうと思っている人・・・夏に向けて皆さんの心持ちはいろいろだと思います。就職活動を終えたもののスッキリしていない人、または、就職活動を終えた虚脱感で来年4月までの長い時間をどう過ごそうか考えもつかない人、不安になっている人もいるのではないでしょうか。

今日は、就職活動を終えてから来年4月のまで過ごし方について少し書こうと思います。

当時の私の話ですが、何度も書いていますが就職活動時に私は(最終的に就業することに決まった)銀行に関心がありませんでした。金融業界研究などもちろんしていません。このまま4月を迎えてもいいものなのかととても不安でした。そこで私は就業予定先にどんな本を読んで勉強しておけばいいかを尋ねました。

返ってきた答えは「アホ」でした。

金融のことなどは入社してしまえばどっぷりつかるわけだからすぐに身につく。それよりもそうじゃない世界を学生のうちにしっかり見ておけ。

特定の業界に入る前だからこそ幅広い世界を見ておけ。

ということです。

就職活動の結果、一つの自分の答えに辿り着きます。そうするとそこに夢中になり視野が一気に狭くなってしまいがちです。就職する(社会人になる)というのも同じことで一つのことに専念するあまり視野が狭くなりがちです。専門的に接するのですから仕方がない部分もあるのですが、やはりそれだけでは人間として広がりません。ですから、学生の段階からそういう傾向になってしまっては社会人になってからはもっと大変です。

だからこそ、視野をもう一度広げなおして、視野を常に広げる習慣を体にしみこませておいて欲しい、と思うのです。

不安になるのは当然です。ですが、企業側も業界知識バッチシの1年生などは期待もしていませんし、そんなものは入ってから教われます。もっと言えば、学生のときに本なんかで手に入れた知識などは、社会の経験で一瞬で身につきます。それよりも学生をしっかり全うしてください。

遊ぶことも大いに結構。ちょっと今までと違うことにチャレンジしてみるのはなお結構。いろいろなものに関心を持つのはそれこそ素晴らしいことです。

4月まではまだまだあります。だからこそ、思い切り良く過ごしてください。



posted by 奥田圭太 at 04:09| Comment(2) | TrackBack(0) | コラム:就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。